行事・イベント 雑学

菱餅の色に込められた意味とは?食べ方にもルールがある!?

ひな祭りの食べ物と言えば、ひなあられと菱餅
ひなあられと同じように菱餅にも色があります。

実はこの菱餅の色にもちゃんとした意味があるのを知っていましたか?

今回は菱餅の色に込められた意味と、
菱餅の食べ方
についてまとめました。

スポンサードリンク

菱餅の色に込められた意味とは?

菱餅の色には、

緑…健康・長寿
白…清浄
ピンク(紅)…魔除け

といった意味があります。

この他にも意味が込められていて、
緑は「大地」、白は「雪」、ピンクは「桃」を意味し、
下から緑→白→ピンク
となっている時には、

「雪が溶けて草の芽が生え桃の花が咲く」

ことを表していて、

下から白→緑→ピンク
となっている時には、

「雪の中から草の芽が生えその上に桃の花が開く」

ことを表しています。

菱形の形”心臓”を表していると言われていて、
心臓の形にすることで、
娘の健康・長寿や厄災を払う親の願いが込もっています。

菱形には他にも、

・菱の実の形
・大地を表している

とも言われています。

最近ではオレンジを加えた4色の菱餅もあり、
オレンジには太陽の意味が込められています。

スポンサードリンク

菱餅は2色だった!?知っ得!菱餅の由来

ひな祭りの起源は中国の「上巳(じょうみ)の節句」からきています。

その時に餅を食べる風習があり、
母子草(ハハコグサ)を使った緑色の餅を食べていました。
※母子草=春の七草のゴギョウの事

中国のひな祭りの風習が日本に伝わってきた時に、
母子草は母と子をイメージするので、
それをついて餅にするのは縁起が悪いと嫌われてしまいます。

その後、母子草の代わりにヨモギを使うようになり、
ヨモギの強い香りが邪気を払うとされ、
ひな祭りでヨモギ餅が食べられるようになります。

江戸時代の初期になると、
菱の実を入れた白い餅が加わり、菱餅は2色になります。

菱の実には長寿や子孫繁栄の力があると言われており、
ひな祭りに使うのにうってつけだったわけですね。

明治時代になると、クチナシの実である山梔子(サンシシ)が加わり、
菱餅は3色になります。

山梔子を入れた餅は赤色で、
昔から赤い色には魔除けの力があると信じられていました。

こうして菱餅の色は緑・白・赤の3色になったというわけです。

菱餅の食べ方にもルールがある!?

菱餅は餅なので当然食べることができます。

普通の餅のように焼いて食べますが、菱餅には味付けがされていないので、
お好みで醤油やきな粉などを付けて美味しくいただきましょう。

大きい菱餅を切る時は、
三角形や菱形になるように切るといいですね。

菱餅の角をちぎりながら食べると、
「角が立たず丸く生きられる」
と言われています。

菱餅の色に込められた意味とは?食べ方にもルールがある!? まとめ

菱餅にはひなあられと同じように、
娘の健やかな成長を願う親の気持ちが込められていました。

今までは何でなく食べていた菱餅も、
こうした意味を知ることで、ありがたく食べることができますよね。

今年のひな祭りには、菱餅の意味や由来を娘さんに教えて、
有意義なひな祭りを過ごしてくださいね!

-行事・イベント, 雑学