行事・イベント

入園準備はいつから始める?チェックリストで準備万端!

子供が幼稚園・保育園に行くのが決まったら、
入園の準備をしないといけません。

子供の面倒を見ながら入園準備を進めるのは意外と骨が折れるので、
前もって必要な物は準備しておくのがいいですね。

そこで今回は、
入園準備をいつから始めたらいいのか?
必要な物チェックリスト付きでまとめました。

スポンサードリンク

入園準備はいつから始めたらいい?

入園準備を始めるのは、
保育園・幼稚園から入園者への説明会が終わってから。

遅くても2ヶ月前には行われるので、焦らなくても十分に間に合います。

説明会の前に入園準備をしてしまうと、
園指定の物があった時にムダになってしまいます。

そんな事がないよう、説明会が終わって、
必要な物がハッキリとわかってから準備をしましょう。

入園準備の進め方の基本的な流れは以下を参考にしてください。

1.説明会で必要なもののリストをもらう
2.リストを参考にして園で購入できるものは申し込む
3.自分で準備するものと市販品を使うものを決める
4.入園に必要な物が全部そろったら名前や目印を付ける
5.子供に自分の持ち物を覚えてもらう

以上が基本的な流れになります。
まずはこの基本的な流れを頭に入れて、入園準備をすすめましょう。

入園準備を進めると同時に、
子供と一緒に収納場所や準備・後片付けの練習をしておくと安心ですよ。

スポンサードリンク

入園準備で必要な物チェックリスト!

園によっては細かい部分が違ったりしますが、
最低限必要な物チェックリストにまとめました。

これを見ながら1つづつ準備していきましょう。

□制服
指定がない園もありますが、
ほとんどの園で必要になります。

すぐに汚してしまうので最低でも2着は用意しておきましょう。

□帽子
ゴム紐を付けて飛んで無くさないようにしてあげるといいですね。

□バッグ
園で指定されることがほとんどです。
指定がない場合は丈夫な素材の物を選びましょう。

□レインコート・ブーツ
傘よりかはレインコートとブーツのほうが安全です。
通園方法によってはお母さんもレインコートを準備しておきましょう。

□靴・上履き
上履きはゴム製のほうが滑りにくいので安全です。
すぐに傷んでしまうので、子供の成長に合わせて買い替えてあげましょう。

□上履き袋
上履きを持ち帰るの必要です。

□タオル
100均でも買えます。

ループ付きを指定された場合、
タオルの端ではなく真ん中に付けるようにしましょう。

タオルが床につくことがなく衛生的に使えます。

□コップ
割れないようプラスチック製の物にしましょう。

□水筒
小さいうちはストロータイプや直飲みタイプがおすすめ。
年長さんになったらコップタイプやステンレスタイプにしてもいいですね。

□弁当箱(アルミ製)
あまり大きすぎず、お箸入れと一体型になっているのがいいです。
素材は夏場に物持ちがいいアルミ製のものにしましょう。

□弁当袋
弁当箱を入れる袋です。
ナプキンなども一緒に入れておくといいですね。

□ハサミ
園指定の場合が多いです。
自分で用意する場合、切れ味のいいものを選びましょう。

□のり・クレヨン・絵の具など
これも園指定の場合がほとんど。
予備を早めに用意しておくようにしましょう。

□エプロン
服が汚れないようにエプロンを用意しておく園が増えています。
子供が1人で着やすく脱ぎやすい物を選びましょう。

※全ての物に言えますが、
キャラクター物は園で禁止していたり子供があきてしまうので避けてください。

入園準備はいつから始める?チェックリストで準備万端! まとめ

入園準備を始めてやる場合、不安だらけだと思います。
そんな時は遠慮せずに先輩ママさんに相談しましょう。

子供が始めて親元を離れ集団生活をするのが保育園・幼稚園です。

余計な不安を子供が持たないように、
準備万端で子供を見送れるようにしてくださいね!

-行事・イベント