雑学

秋の七草の覚え方!語呂合わせで簡単に楽しく覚えよう!

2016/07/06

207825

セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ

春の七草はスラスラと言えるのに、
秋の七草はパッと出てこない。

そんな人、
管理人以外にもきっといますよね?

今回はそんな人達のために、
秋の七草の種類と、簡単に楽しく覚えられる、
語呂合わせで秋の七草を覚える方法
をお伝えします。

これできっと、
あなたも秋の七草を覚えることができますよ!

スポンサードリンク

秋の七草とは?どんな種類がある?

春と比べると、
あまり馴染みのない秋の七草

そんな秋の七草の種類は、

  • 萩(はぎ)
  • 桔梗(ききょう)
  • 葛(くず)
  • 藤袴(ふじばかま)
  • 女郎花(おみなえし)
  • 尾花(おばな)=すすき
  • 撫子(なでしこ)
  • の七種類。

    秋の七草は、”草”と言うよりかは”花”です。

    なので、
    春の七草は七草粥にして食べる事が多いですが、
    秋の七草は観賞用として昔から楽しまれてきました。

    秋の夜長に縁側で涼みながら、
    秋の七草を楽しんでいる様子が、
    ありありと想像できますね。

    スポンサードリンク

    秋の七草の由来は万葉集から

    観賞用として楽しまれたきた秋の七草。
    なぜ秋の七草の種類は選ばれたのでしょう?

    その答えは万葉集にあります。

    山上憶良(やまのうえのおくら)が万葉集で詠んだ、

    「萩の花 尾花 葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝顔の花」
    「秋の野に咲きたる花を指折り かき数ふれば 七種の花」

    この二句から、秋の七草は選ばれました。

    ちなみに、歌に出てくる”朝顔”とは”桔梗”のこと、
    と言われていますが、
    最近では、本当に朝顔だったのでは?
    という説も出てきています。

    夏の暑さが残るなか、
    日差しを浴びて咲く朝顔も、
    風情があっていいですね。

    dcb3ac7d7e14474d810a1fd6549d3b0d_s

    秋の七草の覚え方は語呂合わせで簡単に覚えよう!

    秋の七草の覚え方には色々ありますが、
    ここでは語呂合わせで覚える方法をオススメします。

    なぜなら簡単で楽しいから♪

    語呂合わせも様々ありますが、
    代表的なのが、

    「お好きな服は」
    「ハスキーなお袋」

    あたりでしょうか。

    ハスキーなお袋って
    どんな格好をしているのか気になりますが、
    それぞれを秋の七草に当てはめると、

    お=女郎花
    す=すすき
    き=桔梗
    な=撫子
    ふ=藤袴
    く=葛
    は=萩

    ハ=萩
    ス=すすき
    キ=桔梗
    な=撫子
    お=女郎花
    ふ=藤袴
    く=葛

    となります。
    ”ろ”が字余りなのが、
    無理矢理感がでていて個人的に好きです。

    他にも、

    「ハスキーなクフ王」
    「大きな袴はく」

    とったものがあります。
    ハスキーなクフ王って…

    探せばまだまだ面白い語呂合わせはあるので、
    あなたの好きな語呂合わせで、
    秋の七草を覚えると忘れないでしょう。

    なんなら、
    あなた独自の語呂合わせを
    作ってしまってもいいですね。

    五七五七七や歌で覚えるよりも、
    語呂合わせなら、
    楽しく秋の七草を覚えることができますよ。

    -雑学