行事・イベント

ボジョレーヌーボー2016年の出来は?おつまみは何がいい?

43128b0464fcf9a3978ce4fb23676b81_l

今年もやってきました、
ボジョレーヌーボー解禁日

2016年は、
11月17日の木曜日に解禁になります。

この日に合わせて、
様々なお店で、
予約やイベントが催されますよね。

そんなイベントはもちろん楽しみですが、
なにより気になるのが、
今年のボジョレーヌーボーの出来じゃないですか?

せっかく1年楽しみにしていたのに、
肝心のボジョレーヌーボーの出来が悪いと、
気分がゲンナリしてしまいます。

そこで今回は、
2016年のボジョレーヌーボーの出来はどうなのか?
ボジョレーヌーボーにはどんなおつまみがいいのか?

をまとめました。

スポンサードリンク

2016年のボジョレーヌーボーの出来は?

結論から言うと、
販売されるまで分かりません(苦笑)

原産国のぶどう次第です。

夏から秋にかけて、
どれだけ晴れて
日光がぶどうに当たったかが重要です。

なので、天気が悪く、
雨ばかり降ると、
出来の悪いぶどうが育ち、
ボジョレーヌーボーの味が落ちてしまいます。

過去には、
2012年のボジョレーヌーボーがまさにその年で、
「過去最悪のボジョレーヌーボー」
と評されてしまいました。

最近はぶどうの栽培方法が改善され、
安定して高水準の味が出せるようになったので、
ボジョレーヌーボーの出来は、
そんなに心配しなくても大丈夫ですよ。

スポンサードリンク

ボジョレーヌーボーの色々なキャッチコピー

2012年のボジョレーヌーボーが、
「過去最悪のボジョレーヌーボー」
と評されたと書きましたが、

これは毎年キャッチコピーとして、
各販売メーカーが発表しています。

過去10年間のキャッチコピー
まとめてみました。

・2005年
「ここ数年で最高」

・2006年
「昨年同様良い出来栄え」

・2007年
「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」

・2008年
「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」

・2009年
「過去50年でも素晴らしい出来」

・2010年
「1950年以降最高の出来といわれた2009年と同等の出来」
「今年は天候が良かった為、昨年並みの仕上がり。爽やかでバランスが良い」

・2011年
「近年の当たり年である2009年に匹敵する出来」
「出来が良く、豊満で絹のように滑らかな味わい」

・2012年
「ボジョレー史上最悪の不作」
「糖度と酸度のバランスが良く、軽やかでフルーティーな仕上がり」

・2013年
「小粒だが味の濃いブドウが収穫できた」
「みずみずしさが感じられる素晴らしい品質」

・2014年
「エレガントで味わい深く、とてもバランスがよい」
「2009年の50年に一度のできを超える味わい」

・2015年
「記憶に残る素晴らしい出来栄え」
「今世紀で最高の出来」

色々なキャッチコピーがありますが、
不作と言われた2012年は、
あまり良いことが言われていませんね。

2015年なんかは、
「今世紀で最高の出来」
とまで言われているので、
2016年のキャッチコピーがどんな風になるのか、
ちょっと楽しみです。

d18a5b761fd4200a27cb5c8126ad6805_l

ボジョレーヌーボーに合うおつまみは?

ワインといえば、
一緒に食べるおつまみ
欠かせませんよね?

ボジョレーヌーボーに合うおつまみは、
生ハムやサラミ、
カマンベールやクリームチーズがおすすめ。

ボジョレーヌーボーは、
一般的な赤ワインより、
渋みが少なくフルーティーな香りがします。

なので、白ワインに合うようなおつまみとは、
非常に相性がいいです。

時期的に牡蠣をおつまみにするのもいいですね!

色々なおつまみを試して、
あなただけの、
ボジョレーヌーボー
最高の相方を見つけてください!

-行事・イベント