行事・イベント

忘年会のゲーム!チーム対抗で簡単に盛り上がれるネタ5選!

415866

大きい宴会場を貸し切って、
大勢が参加する大規模な忘年会

そんな忘年会の幹事になると、
頭を悩ませるのが余興のゲームですよね。

人数が多いので、
みんなが盛り上がるゲームを考えないといけません。

そこで今回は、
大人数でも大丈夫!
チーム対抗で簡単に盛り上がれる、
おすすめの忘年会のゲームネタ
を、
5個紹介します。

スポンサードリンク

忘年会でチーム対抗で盛り上がれる簡単ゲームネタ5個!

チーム戦なら、
大人数でも盛り上がること間違いなし!

準備が簡単にできる
おすすめのゲームネタを5個紹介します!

1.ピンポン球運びリレー

用意するのはピンポン球のみ。

チーム別に1列に並び、
お箸でピンポン球を運んでいきます。

1番最後の人まで早く渡したチームの勝ち。

途中で落としたら再チャレンジにしたり、
再スタートにしたり、
◯回失敗したら失格にしたりと、
ルールを決めておくといいですね。

2チームずつ、向い合ってやると、
お互いにプレッシャーがかかり、
盛り上がりますよ。

03ea8742374a6e691b72f304c6987c47_l

2.テイスティングゲーム

チームの代表に目隠しをしてもらい、
相手チームが食べ物を食べさせ、
何を食べたかを当てるゲーム

目隠しをしていると、
案外食べたものって分からないものです。

代表者と違うチームの人が食べさせるので、
答えを言う心配がなく、
あれこれ試行錯誤する様子が楽しめます。

途中でヒントタイムを設けて、
食べ物のヒントを
言うようにするといいですね。

こちらの動画も参考にしてみてください。

3.お絵かき伝言ゲーム

用意するのは、
画用紙とペンのみ。

幹事が代表者にお題を出し、
そのお題を画用紙に絵で書きます。

代表者が書いた絵を見て、
次の人が絵を書きます。

最後まで
お題がちゃんと伝わったチームの勝ちです。

あまり難しいものではなく、
絵に書けそうで書けないお題がいいですね。

例えば、
犬、トラ、アヒル、馬、
バイク、エスカレーター、
天丼、親子丼など。

書く時間も10秒とか、
制限時間があると
さらに盛り上がります。

4.文字で連想ゲーム

紙とペンを用意し、
人数分配ります。

幹事が「お題」を出し、
それに連想する漢字を1文字書きます。

例えば、「東京」であれば、

「都」と書く人もいれば、
「忙」と書く人もいるでしょう。
「繁」と書く人もいるかもしれません。

同じ漢字を書いた人が多いチームを勝ちにしたり、
少ない漢字を書いたチームを勝ちにしたりと、
途中でルール変更するといいですね。

256201

5.ジェスチャーゲーム

クイズ番組などでお馴染みのアレです。

1チームごとに持ち時間3分ほどで、
順番にジェスチャーする人を交代しながら、
多く正解を出したチームの勝ちです。

お題は会場の人と、
ジェスチャーする人を以外に
見えないようにしましょう。

1人30秒、パス2回まで、
といったルールを決めておくと、
スムーズに進行でき盛り上がります。

スポンサードリンク

忘年会のゲーム!チーム対抗で簡単に盛り上がれるネタ5選! まとめ

以上、
忘年会で盛り上がる、
チーム対抗の簡単ゲームネタ
を5個紹介しました。

この中から参考にして、
ぜひ今年の忘年会で
やってみてください。

忘年会を盛り上げて、
今年1年の疲れを吹き飛ばしましょう!

-行事・イベント