行事・イベント 雑学

文化の日の意味とは?子どもに分かりやすく説明できますか?

286888

11月3日は文化の日ですね!

ところでこの文化の日。
具体的にどういった日なのか、
あなたは説明できますか?

大人は疑問に思わないことも、
子どもは純粋な心で聞いてきます。

子どもに聞かれて戸惑わないよう、
文化の日の意味
子どもに分かりやすく説明する方法を紹介します!

スポンサードリンク

文化の日とは?由来は?

文化の日を、
子どもに分かりやすく説明するためには、
説明する側の大人が、
文化の日の事について知っておく必要がありますよね。

簡単に文化の日の由来を紹介します。

文化の日は、
1946年(昭和21年)11月3日
日本国憲法が公布された事を記念とした祝日

日本国憲法が平和と文化を重視していることから、
「自由と平和を愛し文化をすすめる日」
とされ、「文化の日」となりました。

もともとこの日は、
「明治節」という、
明治天皇の誕生日を祝う日でした。

その日を、
日本国憲法の公布に合わせて
変更したわけです。

文化の日では、
各地で芸術や文化にまつわるイベントが催され、
文化功労賞の授賞式もこの日に行われます。

ちなみに、
5月3日の憲法記念日は、
日本国憲法が施行された日を記念しています。

公布は国民にこんな法律ができましたよー
知らせる日

施行は、
実際にその法律が効力を持つ日です。

スポンサードリンク

「文化」の意味は?

文化の日がどんな日かは分かりました。

ではそもそも、
「文化」
とは何なのか?
どんな意味があるのでしょうか。

これもなかなかに手強いですが、
「文化」とは大きく3つに分かれます。

◆物質的文化

・衣服
・食べ物
・住居
・道具
・機械
・建築物
など。

人が技術を持って作った物。
色や形で捉えることができる文化。

◆精神的文化

・言語
・学問
・宗教
・芸術
・歌
・絵
・映画
など。

形で捉えることができない物。
人が精神活動によって作り出した文化。

◆制度的文化

・慣習
・道徳
・法律
など。

人の社会生活や行動を具体的に規定している文化。

これらをふまえて
「文化」を一言で言えば、
「人間社会全てが文化」
と言えますね。

e42d16feb6b79cee3afc01c8be9af179_l

文化の日を子ども向けに分かりやすく説明!

「文化」の意味と、
「文化の日」がどんな日か分かったところで、
子どもに分かりやすく説明しましょう。

あまり難しい言葉は使わず、
子どもに伝えるには、
こんな感じがいいですね。

11月3日は日本をよくするための
ルールが決まった日なんだよ。

そのルールには、
平和と文化を大切にしよう
と書かれているんだ。

だから今日は文化の日と言うんだね。

文化っていうのは、
身の回りにあるもの全ての事。

例えば、TVやゲーム、食べ物、お家、車、電車、
絵や歌、映画や遊園地といった、
便利な物や楽しませてくれるもの。

そういったものに、
「ありがとう」
という気持ちを持つのが文化の日なんだよ。

こんな風に説明してあげれば、
子どもにも文化の日がどんな日か、
キチンと伝わります。

大事なのは、
どんどん便利になっていくものにたいして、
「ありがとう」
という気持ちを持ってもらう事

それは子どもだけではなく、
大人の私達にも言えることですね。

文化の日には子どもと一緒に、
色々と話す日にしてはどうですか?

-行事・イベント, 雑学