行事・イベント 雑学

クリスマスリースの意味は?飾るのはいつからいつまで?

wreath-1544893_640

クリスマスが近づくと、
街中はもちろん、
各家庭でもクリスマスの飾り付けをし、
クリスマスを迎える準備をします。

そんな飾り付けの1つが
クリスマスリース

今回は、
クリスマスリースの意味や由来、
いつからいつまで飾るのか?

などについてまとめました。

スポンサードリンク

クリスマスリースの意味は?なぜ飾るようになった?

クリスマスリースリースは、
英語で「wreath」となり、
「花輪、花冠、冠、輪状のもの」
といった意味があります。

クリスマスリースが輪っかになっていることから、
「永遠」を意味し、
キリストの永遠の命を願っていると言われています。

現在では玄関先に飾ることで、
魔除けや豊作を願っており、
日本で言うしめ縄と同じ役割を持ってるんですね。

クリスマスリースが飾られるようになった由来は、
古代ローマまでさかのぼります。

ローマ帝国時代では、
結婚式や葬儀などの特別な祭事には、
手作りしたリースをよく使っていました。

形や素材は現在と同じく、
花や枝、葉っぱなどを使った
丸い輪っか状の物です。

結婚式の時には、
2人の幸せが永遠に続くように、

葬儀の時には、
いつか生まれ変わって来ることを
願っていたのかも知れませんね。

スポンサードリンク

クリスマスリースの素材や色の意味は?

クリスマスリースに使われている
素材や色には、
それぞれちゃんとした意味があります。

マツやモミの木、月桂樹などの
常緑樹の緑には、
魔除けと豊作物の繁栄といった意味が。

ヒイラギの赤い実には、
キリストの流した赤い血

リボンやベルは魔除け

ブドウはキリストの象徴として、
松ぼっくり、麦の穂、リンゴなどは、
収穫の象徴としての意味があります。

特にリンゴは冬でも保存がきくので、
神へのお供え物として使われていました。

クリスマスリースに使われている色には、

赤…キリストの血の色、愛と寛大、太陽の炎
緑…永遠の命、永遠の愛
白…純潔、雪、純粋な心
金銀…ベツレムの星=富、豊かさ
※ベツレムの星とはキリストが生まれた事を3人の博士に知らせ、
ベツレムに導いたとされる星の事。

といった意味があります。

christmas-wreath-1043283_640

クリスマスリースを飾るのはいつからいつまで?

日本だとクリスマスが終わると、
すぐにお正月になるので、
クリスマスの飾りはさっさと片付けてしまいます。

本来クリスマスリースを含む
クリスマスの飾り付けは、
思っているよりも長く飾られていて、

ヨーロッパでは、
クリスマスの4週間前〜2月2日まで
飾るのが一般的です。

イギリスでは1月5日まで、
アメリカでは1月6日まで飾り、
7日の朝に片付けます。

おそらく
日本が一番短いクリスマスなのではないでしょうか?

その割には、
クリスマスを目一杯楽しんでいる気もしますね(苦笑)

そんな日本の短いクリスマスですが、
今年はクリスマスリースの意味を考えながら、
クリスマスを過ごしてみてはどうですか?

-行事・イベント, 雑学