行事・イベント 雑学

クリスマスツリーの飾りに名前はある?玉や星はなんて呼ぶ?

2016/08/13

024076

クリスマスになると、
必ずと言っていいほど飾るのが、
クリスマスツリーですよね。

このクリスマスツリーに、
色々な飾りを付けるのが、
クリスマス前の1番の楽しみだったりします。

ところで、
クリスマスツリーに付ける飾り。
これらがどんな名前で呼ばれているか
あなたは知っていますか?

赤い玉や星、
クリスマスツリーに巻きつけるキラキラの紐。

今回はこれらの名前と、
飾りの意味についてまとめました。

スポンサードリンク

クリスマスツリーの飾りに名前は?

クリスマスツリーには、
色々な飾りを付けますが、
その中でも、

「これなんて名前?」

という物の名前と意味を紹介します。

クリスマスツリーの飾りつけをする時に、
ぜひ子供や友達に教えて下さいね。

◆星

クリスマスツリーのてっぺんに輝く星。

この星は、
「トップスター」
と呼ばれ、
希望の星という意味があります。

◆玉

クリスマスツリーの飾りの定番アイテム。

このカラフルな玉にも名前があり、
「クーゲル(Kugel)」
と呼びます。

ドイツ語で球(たま)という意味で、
そのまんまですね。

ちなみにこの名前は
ものすごくマニアックなので、
ネットショップで検索してもまず出てきません。

なので知っててもあまり披露する機会は、
残念ながらないです(苦笑)

この玉には、
「知恵の樹の実」
という意味があります。

またカラフルな色にも意味があり、

赤…キリストの血の色、愛と寛大、太陽の炎
緑…永遠の命、永遠の愛
白…純潔、雪、純粋な心
金銀…気高さ、高貴さ

といった意味があります。

christmas-231059_640

◆キラキラした紐の名前

クリスマスツリーに巻きつける、
キラキラした紐

このキラキラした紐の名前は、
「ガーランド」
と言います。

キラキラした光は、
空に輝く無数の星を表し、
「世を照らす光」
を意味し、
キリストがその象徴とされています。

雪に見立てて
クリスマスツリーに巻きつけていましたが、
実は星だったんですね。

9f07038cacfe4c2a3353195f90facfa7_s

◆杖の形をした縞模様の飾り

正式には「キャンディケイン」と言い、
羊飼いが持っている杖を表しています。

羊を群れに戻すことに使われることから、
助け合いの心の象徴ともされています。

キリスト教ではよく、

羊=人々
羊飼い=神様

に例えることが多く、

羊飼い=神様が、
キャンディケインを使って、
羊=人々を導いてくれる

そんな想いが込めれれているのかもしれません。

スポンサードリンク

クリスマスツリーの飾りに名前はある?玉や星はなんて呼ぶ? まとめ

クリスマスツリーに飾る
様々な装飾品。

それらには1つ1つ名前があり
意味が込められていました。

子供のころは全く気にせず、
飾り付けられ様変わりするクリスマスツリーに
テンションが上がっていました。

今年のクリスマスは、
クリスマスツリーの飾り付けをしながら、
名前や意味を子供や友達に教えてください。

そうすることで、
去年とは違ったクリスマスを楽しめますよ。

-行事・イベント, 雑学