行事・イベント

ハロウィンの由来を子供向けに説明!絵本のように聞かせよう!

2016/07/30

515240

すっかり日本でも定番となったハロウィン

では、このハロウィンの由来を、
あなたは知っていますか?

もし、子供に、

「なんでハロウィンってあるの?」

と聞かれて、
子供に分かるように説明できますか?

今回は、
そんなハロウィンの由来を、
子どもにも簡単に説明できるように、
まとめてみました。

スポンサードリンク

ハロウィンの由来は?

ハロウィンの由来を知っている人は、
ほとんどいません。

まぁ知らなくても楽しめますからね。

でも、ハロウィンの由来を知れば、
もっとハロウィン
身近に楽しむことができるようになります。

ハロウィンは元々、
日本で言うところの「お盆」
のようなものでした。

その起源は、
古代ケルト人の収穫祭「サウィン祭」です。

古代ケルト歴では、
10月31日が1年の終わりでした。

この日は特別な日で、
あの世とこの世の境目がなくなり、
先祖の霊が親族の家に帰ってくる
信じられていました。

ですが、家にくるのは、
先祖の霊だけだはなく、
魔物や悪霊などもこの日はやってきます。

魔物や悪霊は、
せっかく育てた農作物を荒らし、
人間たちをさらっていきます。

そんな魔物や悪霊たちから身を守るため、
人々は同じ魔物や悪霊の格好をし
仲間と勘違いさせ、
やり過ごしたり追い返したりしました。

これがハロウィンの由来です。

ハロウィンで仮装することに、
ちゃんと意味があったんですね。

スポンサードリンク

トリック・オア・トリートの意味や理由

ハロウィンといえば、
「トリック・オア・トリート」
と子どもが各家を訪問して、
お菓子をもらってきますよね。

これにもちゃんと意味や理由があり、
「トリック・オア・トリート」
は、
「お菓子をくれないとイタズラするぞ!」
といった意味があります。

そこで家の人達は、
「Happy Halloween!」
と言って子供たちにお菓子を渡します。

このお菓子には、

・悪霊を追い払う
・霊を鎮める

といった意味があり、
もらったお菓子を持ち寄って、
パーティーをしたりします。

日本ではこの、
子どもが仮装して家々を訪問する部分が強く伝わり、
ハロウィン=仮装パーティー
といった感じになっていますね。

kids-1005839_640

ハロウィンの由来を子供向けに説明!

幼稚園や保育園の子供でも分かるように、
簡単に説明するとこんな感じでしょうか。

昔々、10月31日を1年の終わりとし、
その日をお祝いしていました。

この日は先祖の霊が家を訪れる、
おめでたい日でした。

だけど、先祖の霊だけでなく、
人間たちにイタズラをする悪いお化けたちも、
一緒に家にやってきます。

そんなイタズラ好きな悪いお化けを退治するため、
同じお化けの格好をして仲間と思わせ、
悪いお化けを退治すること考えつきます。

悪いお化けたちは、
お化けの格好をした人間たちを仲間だと思い、
イタズラをしてきません。

中には人間たちの格好を怖がって、
逃げていくお化けたちもいました。

そうして、10月31日には、
悪いお化けからイタズラをされないために、
同じお化けの格好をするようになったのです。

コツは絵本を読み聞かせるように、
子どもに語りかけること。

そうすればきっと、
ハロウィンの物語に聞き入り、
由来について分かってくれるはずですよ。

-行事・イベント