行事・イベント

吉浦カニ祭り!2016年の日程は?由来と見どころも紹介!

http://www.dydo-matsuri.com/blog/yoshimura/images/p/2013/27/pho1l.jpg

http://www.dydo-matsuri.com/blog/yoshimura/images/p/2013/27/pho1l.jpg

広島呉市で行われる、
「吉浦カニ祭り」

地元のテレビ局でも特集が組まれるほど
注目の高いお祭り。

なぜカニ祭りと呼ばれるのか?

吉浦カニ祭りの由来や日程、
祭りの見どころ
などまとめました。

スポンサードリンク

吉浦カニ祭り!2016年の日程は?祭りの由来は?

吉浦カニ祭りは通称で、
正式には、
「吉浦八幡神社秋季例大祭」
と呼ばれます。

毎年10月の第1土〜月曜日まで開催され、
今年は、
10月1日〜3日がお祭りの期間です。

その他の基本情報はこちら。

▼場所
広島県呉市吉浦西城町吉浦八幡神社

▼電車
JR呉線「吉浦駅」より徒歩約8分
広電バス・天応川尻線「吉浦駅前」バス停下車、徒歩約5分

吉浦カニ祭りは、
今から約440年前の戦国時代から始まりました。

3本の矢で有名な毛利元就(もうりもとなり)の三男、
小早川隆景(こばやかわたかかげ)が、
吉浦八幡神社を作りました。

吉浦八幡神社の秋の例大祭の時期と、
当時盛んだった
ワタリガニ漁の旬の時期が重なったため、
ワタリガニで人をもてなしたことから、
「吉浦カニ祭り」と呼ばれるようになったんです。

現在では残念ながら、
ワタリガニはほとんど獲れなくなりましたが、
お祭り期間中にワタリガニを食べる習慣は、
今でも残っています。

スポンサードリンク

吉浦カニ祭りの見どころは?

吉浦カニ祭りは、

  • 1日目…夜祭
  • 2日目…本祭
  • 3日目…後日祭
  • 3日間分かれています。

    この3日間で、
    それぞれ趣の違う催しが開かれるのも、
    吉浦カニ祭りの面白いところ。

    それぞれの見どころを紹介します。

    ◆1日目:夜祭

    夜祭は、本祭前日に開かれるお祭りですが、
    メインの行事は、
    「玉替え」
    と呼ばれるくじ引きです。

    赤土を丸めた玉を買い、
    玉を割って中に入っている、
    1等〜6等の当たりによって、
    景品と交換します。

    玉は1個100円で、
    1袋6個入りは500円で販売されています。

    この玉替えですが、
    名前の通り、
    誰かと自分の玉を交換するのが本来の楽しみ方。

    知らない人同士、
    買った玉を交換しあい、
    昔は男女が知り合う貴重な機会にもなっていました。

    今でも玉を交換する人は多く、
    毎年1万個ほど用意する玉が、
    完売するほど人気の行事です。

    ちなみにこの玉は全て手作りで、
    お盆が終わると、
    地元の人は玉作りに追われるそうですよ。

    ◆2日目:本祭

    吉浦カニ祭りの1番の見どころがこの本祭

    この日は各地区から、
    様々な形をした「みこし」が集まります。

    中でも重さ1トンもある、
    「ちょうさい」と呼ばれるだんじりは、
    特にバラエティが豊かで、

    船の形をした物や龍の形をした物、
    米俵やカニをかたどったものなど、
    個性あるみこしが見られます。

    http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/60/a9/6df0bd3888c2ec37cd54056cfeae6468.jpg

    http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/60/a9/6df0bd3888c2ec37cd54056cfeae6468.jpg

    こうして集まった各地区代表のみこしは、
    神様を迎えるため、
    吉浦八幡神社に向かいます。

    神社に上がるためには、
    103段もある石段を上らないといけません。

    この石段を駆け上がるのを、
    「宮上がり」
    石段を下りるのを、
    「宮下がり」
    と言い、どちらも迫力があり、
    本祭の最大の見せ場です。

    面白いのは、
    宮上がりの時は、
    早く神様に会いたいために、
    勢い良く駆け上がります。

    逆に宮下がりの時は、
    神社を出てしまうとお祭りが終わってしまうため、
    3歩下りては2歩上り、
    また下りるといった具合に、
    何度も何度も上り下りを繰り返します。

    不安定な石段の上で、
    みこしのバランスを保つ、
    担ぎ手たちのみこしさばきは、
    一見の価値あり!

    神社を下りたみこしは、
    町内を練り歩き、
    熱気を残して本祭を終えます。

    http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/shorikai/20151008/20151008163546.jpg

    http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/shorikai/20151008/20151008163546.jpg

    ◆3日目:後日祭

    後日祭は、
    「鬼廻り」から始まります。

    本祭では、
    みこしの交通整理をしていた鬼たちが、
    最終日の後日祭では主役になります。

    町を歩きながら、
    幼稚園や小学校の子供たちを驚かせ、
    追いかけ回すという、
    トラウマになること間違いなしの行事です。

    こうした”怖さ”を教える催しは、
    形は違っても各地であるんですね。

    鬼によって恐怖におののいた後は、
    花笠をつけた子供たちが踊る、
    可愛らしい花笠踊りで癒やされましょう。

    また、獅子が天狗を退治するという
    獅子舞も見ることができます。

    ストーリーのある獅子舞を見る機会は
    なかなかないので、
    吉浦カニ祭りに行くときはぜひ見てください。

    http://farm5.static.flickr.com/4112/5046203791_dd78e67a77_b.jpg

    http://farm5.static.flickr.com/4112/5046203791_dd78e67a77_b.jpg

    吉浦カニ祭り!2016年の日程は?由来と見どころも紹介! まとめ

    吉浦カニ祭りについて、
    色々と分かったのではないでしょうか?

    見物のため、
    帰省する人も多い吉浦カニ祭り。

    3日間それぞれ楽しみ方が変わる吉浦カニ祭りに、
    ぜひ足を運んでみてくださいね!

    -行事・イベント