行事・イベント 雑学

門松の意味!子どもに簡単に説明しよう!疑問を丸っと解決!

96b3b6af2aa95a2e3613962a20f2bf95_s

お正月になると玄関に飾る門松

日本に住んでいると
当たり前の光景ですが、
よくよく考えるとなぜ門松を飾るのか?
どんな意味があるのか?

ちゃんと知っている人は
少ないのではないでしょうか。

子どもに聞かれても
分かりやすく答えれるよう、
門松の意味や由来について
きちんと知っておきましょう!

スポンサードリンク

門松の意味とは?どうして玄関に飾る?

門松を玄関に飾るのは、
お正月にやってくる
1年間家を守ってくれる守り神

「年神様(としがみさま)」

を迎え入れるための目印として飾ります。

「松」神が宿る木とされているので、
目印として最適なんですね。

門松を飾っていないと、
せっかくやってきた年神様が、
他の家の門松を目印にして
入って行ってしまいます。

年神様が家にこないということは、
家を守ってくれる神様がいないということ。

これはちょっと
正月早々縁起が悪いですね…

そんな事にならないよう、
お正月には門松をきちんと飾りましょう!

スポンサードリンク

門松の由来は?飾りにも意味がある?

門松は平安時代の
宮廷儀礼が由来とされています。

「小松引き」
という新年行事があり、
お正月の初めての子(ね)の日に

貴族たちが野山へ行き、
小松を引き抜いて、
お守りとして小松を持ち帰ります

松は年中みずみずしく緑色をしているので、
長寿の象徴とされていたんですね。

そんな松をお守りとして持ち帰ることで、
いつまでも健康で長生きできるのを
願っていたのかもしれません。

やがてその貴族の習慣が変化し、
平安時代の末期には、
現在の形である、
玄関の両わきに門松を飾るようになりました。

当初は松だけを飾っていたのが、
室町時代には竹を添えるようになります。

竹はすぐに成長するので、
生命力を象徴していました。

長寿の象徴である松と一緒に飾るのは、
ごく自然なことですね。

現在では、松と竹にプラスして、
1年の始まりを意味する梅を、
紅白で飾ることが多いです。

325602

門松のその他に疑問を丸っと解決!

門松の意味と由来は分かりましたが、
まだまだ門松には知らない疑問があります。

それらをまとめて丸っと解決しましょう!

◆どうして切り口が斜めなの?

斜めに切った形を「そぎ」
と言いますが、
この形にしたのは徳川家康です。

「三方ヶ原の戦い」で武田信玄に敗れた家康が、
自分への戒めとして竹を斜めに切ったのが
始まりとされています。

この「そぎ」ですが、
切り口をよ〜く見てみると、
人が笑っているように見えませんか?

このことから「そぎ」には、
「笑う門には福来る」
の意味が込められていて、
門松も「そぎ」の形になっているわけです。

ちなみに、真横に切った「寸胴」タイプもありますが、
数はそんなに多くはありません。

◆どうして竹は3本あるの?

1番長い竹が男性
1番短い竹が女性
その間の長さの竹は、
仲を取り持つという意味があります。

◆どうして左右に門松を飾るの?

門松を一対で飾るようになったのは、
江戸時代ごろからです。

松にも雄松と雌松があり、
葉が固く太いのが雄松。

葉が柔らかく短いのが雌松です。

飾る時はお雛様と同じく、
左に雄松、右に雌松を飾ります。

出入り口である「門」に、
「松」を飾るので、
「門松」と言います。

門松1

門松はいつからいつまで飾る?飾ってはダメな日がある?

門松を飾っている期間を、
「松の内」
と言います。

一般的にこの期間は、
12月13日〜1月7日まで。

地域によっては、
門松を外す日にちは
変わることがあります。

門松を飾るのは、
クリスマスがあるので、
12月28日から飾る人が多いですね。

松の内の期間中でも、
門松を飾り初めてはダメな日があり、
それが、29日と31日

29日は、「二重苦」と語呂合わせになっていて、
9が末尾につくことから、
苦末=苦松となり、
門松を飾るのに縁起が悪いとされています。

31日は、
「一夜飾り」、「一日飾り」
と呼ばれていて、
お正月まで1日しかなく、
年神様を迎えるのに誠意が足りないとされています。

29日と31日に飾り始めるのは、
絶対に止めましょう。

88d58d87195757787d9eaa50c5fc7772_s

門松の意味!子どもに簡単に説明しよう!疑問を丸っと解決! まとめ

それでは最後に、
門松の意味
子どもに簡単に説明してみましょう。

門松は1年間、
家族みんなを守ってくれる神様を
お家に呼ぶための目印なんだよ。

これぐらいシンプルで大丈夫です。

その他の事を聞かれたら、
分かりやすく答えてあげましょう。

これであなたも
立派な門松博士ですね!

-行事・イベント, 雑学