行事・イベント 雑学

門松はいつまで飾るの?関西と関東で微妙に違う!?

104669

お正月に玄関に飾る門松

この門松を、
いつからいつまで飾るのか、
正確に知っていますか?

また関西と関東で、
飾る期間が違う理由は?

スポンサードリンク

門松はいつからいつまで飾る?関西と関東で違う?

門松は、
「松の内」
と呼ばれる期間内だけ飾ります。

一般的には12月13日〜1月7日まで。

松の内とは、
お正月にやってくる
年神様が宿っている期間のこと。

その間に年神様をもてなすことで、
1年間、家を守ってもらうわけです。

また、門松は年神様にとっては目印なので、
門松のない家には、
年神様が宿ることはありません。

お正月には忘れずに門松を玄関に飾りましょう。

年神様をもてなす松の内の期間ですが、
関東と関西ではその期間が違います。

関東では1月7日までですが、
関西では1月15日までとなっています。

どうして関西と関東で期間が違うのか?

その理由は次で説明します。

スポンサードリンク

門松を飾る期間が関西と関東で違う理由は?

もともと松の内の期間は、
全国的に1月15日と決まっていました。

松の内が終わった1月20日に鏡開きをする。
というのが昔のお正月の習慣だったんです。

ところが、
徳川家光が4月20日に亡くなってしまいます。

亡くなった日の”20日”に、
鏡開きをするのは不謹慎ということになり、
1月11日に鏡開きをするように変更になりました。

徳川幕府のお膝元である関東では、
1月11日に鏡開きをするのが広まりましたが、
関西には正確に伝わらず、
なぜか1月15日に鏡開きをするようになってしまいます。

松の内の期間中(〜1月15日)に鏡開き(1月11日)
をするのはおかしい!

ということになり、
関東では15日→7日に松の内の期間が変更されましたが、
関西では鏡開きと松の内の期限が同じだったため、
現在でも変更されずに受け継がれています。

関西だけではなく、
地域によって松の内の期間が違うのは、
こういった理由があったんですね〜

それにしても昔の事とはいえ、
もうちょっとうまく伝えることは
できなかったんですかね…

230161

松の内の期間中でも門松を飾り始めてはいけない日

松の内の期間中でも、
門松を飾り初めてはダメな日があり、
それが、29日と31日

29日は、「二重苦」と語呂合わせになっていて、
9が末尾につくことから、
苦末=苦松となり、
門松を飾るのに縁起が悪いとされています。

31日は、
「一夜飾り」、「一日飾り」
と呼ばれていて、
お正月まで1日しかなく、
年神様を迎えるのに誠意が足りないとされています。

29日と31日に飾り始めるのは、
絶対に止めましょう。

42691230473926c2e19d80ca5a657015_s

門松はいつまで飾るの?関西と関東で微妙に違う!? まとめ

門松をいつ飾っていつ片付ければいいのか?
これでバッチリですよね。

関西を始め、地方で片付ける日が違うのには、
徳川家光に関する理由がありました。

もうちょっとうまく伝える事ができれば、
松の内の期間が統一されて
悩むこともなかったのにな〜

と思ってしまいますが、
それは言ってもしょうがないですね。

お正月に門松を飾る時は、
松の内の期間をしっかりと把握して、
飾るようにしてくださいね。

-行事・イベント, 雑学