行事・イベント 雑学

11月7日は鍋の日!由来は?鍋奉行など鍋言葉を調べてみた!

931deebacedb9b49108c24dacb27e53a_s

寒い冬になると食べたくなるのが
ですよね。

暖かい鍋を囲んで、
ホフホフしながら食べる時間はまさに至福の時!

日本の冬を代表する料理です。

そんな美味しい鍋ですが、
「鍋の日」があることを、
あなたは知っていましたか?

今回は、
「鍋の日」の由来や、
鍋奉行など鍋に関する鍋言葉
について、
調べてみました。

スポンサードリンク

11月7日は鍋の日!その由来は?

鍋の日は11月7日です。

どうして11月7日になったかというと、
この日が「立冬」になることが多いのと、
「いい(11)な(7)べ」
語呂合わせから11月7日になりました。

食品メーカーのヤマキが2001年に制定

ヤマキといえば鍋つゆを始め、
数多くの出汁やめんつゆを販売している食品メーカー。

そのヤマキが鍋の日を作ったというのは、
当然のことかもしれませんね。

11月7日には鍋にちなんだもう1つの記念日があります。

それが「モツ鍋の日」

「い(1)い(1)もつな(7)べ」
語呂合わせで、
社団法人日本畜産副産物協会が2011年に制定しました。

また、「立冬」になることが多いのも理由の1つです。

立冬は暦の上で冬が始まる日とされています。

実際、11月にもなれば、
季節は秋から冬に変わる境目。

肌寒くなり、体を暖める食べ物が恋しくなります。

そんな日を「鍋の日」とするのは、
ごく自然なことですよね。

スポンサードリンク

鍋にちなんだ鍋言葉を調べてみた!鍋奉行・すき焼き・しゃぶしゃぶの由来や意味は?

鍋の日ということで、
鍋にちなんだ鍋言葉を調べてみました。

今回調べたのは次の3つ。

  • 鍋奉行
  • すき焼き
  • しゃぶしゃぶ
  •  
    これらの由来や意味ってあなたは知っていますか?

    ◆鍋奉行の由来や意味は?

    鍋奉行というのは実際にあった役職の名前です。

    鍋奉行の由来は江戸時代まで遡り、
    その頃は鍋は貴重な物でした。

    そのため、徳川家に代々伝わる
    大切な鍋をきちんと管理する役職が設けられ、
    それが鍋奉行という役職です。

    初代鍋奉行には、
    小早川秀秋(こばやかわひであき)
    が就いています。

    時が経つにつれ生産技術が進み、
    鍋も貴重な物ではなくなります。

    そうして鍋奉行という役職は、
    いつしか名誉職となっていきました。

    その名残から、
    現在では鍋を仕切る人を「鍋奉行」と呼んでいます。

    鍋奉行というと、
    一方的に仕切って、あまりいいイメージはないですが、
    昔は位の高い、実際にあった役職だったんですね。

    そう考えると、
    一方的に仕切られるのも仕方ないのかもしれません。

    それでも自分のペースで食べたいですが…

    鍋奉行以外にも役職にちなんだ名前があります。

    ▼鍋将軍
    鍋奉行よりも更に厳しく鍋を仕切る人

    ▼アク代官
    アクをすくい上げる担当の人

    ▼待ち奉行・待ち娘
    鍋に一切手を出さずひたすら食べている人

    あなたが鍋を囲んだ時の役職はどれですか?

    ◆すき焼きの名前の由来は?

    鍋料理の代名詞「すき焼き」

    この名前の由来ですが、
    2つあります。

    1つは、
    鍋の代わりに農家の道具の鋤(すき)を使い、
    金属部分を火にかけ、
    その上で野菜や魚や豆腐を焼いて食べたことから、
    「鋤焼(すきやき)」
    と呼ぶようになった。

    もう1つは、
    肉を薄く切る「剝身(すきみ)」から「剝き焼き」になった。

    1つ目の鋤の上で焼いたという説が、
    もっとも有力な説とされています。

    すき焼きというと、
    ちょっとしたご褒美的な料理という印象ですが、
    その名前がよく使う農家の道具からきているというのは、
    ちょっと面白いですね。

    0e71886cbad7ce02ff01dd753ff29d04_s

    ◆しゃぶしゃぶの名前の由来は?

    「しゃぶしゃぶ」も、
    今では欠かせない鍋料理です。

    しゃぶしゃぶの名前の由来は、
    1952年(昭和27年)に、
    大阪のスエヒロというお肉料理の店が出した、
    料理の名前からきています。

    スタッフがおしぼりをタライで洗っているのを見て、
    「スープの中で肉を泳がせるように火を通す料理」
    「しゃぶしゃぶ」とつけました。

    大阪では物を洗う擬音語ジャブジャブと言いますが、
    その擬音語をもじったと言われています。

    スタッフの何気ない仕草から思いつくとは、
    センスが素晴らしいですね。

    f737ad445a3c08c4718845d0ff9c11b3_s

    11月7日は鍋の日!由来は?鍋奉行など鍋言葉を調べてみた! まとめ

    鍋の日の由来から、
    鍋にちなんだ鍋言葉の由来や意味をまとめました。

    これであなたは、
    立派な鍋博士ですね!

    本格的に寒くなる冬に備えて、
    まずは鍋の日に、暖かい鍋を囲んでみませんか?

    -行事・イベント, 雑学