病気・健康

子供の風邪の熱が下がらない!命を守る緊急対応マニュアル!

6a328ec0b0187b17f77bef57e57a6613_s

ただの風邪だと思っていたのに、
子供の熱が全然下がらなくて
病院へ行っていいかどうか分からない…

こんな不安をかかえて、
あたふたしている母親は
あなたでけではないです。

「ただの風邪なのに病院へ連れて行くのもちょっと…」

と思っている間にも、
子供は苦しんで取り返しのつかない事態になることも。

子供の熱が下がらない。
そんな時に慌てず冷静に対処できる、
緊急対応マニュアル
を紹介します。

スポンサードリンク

子供の風邪の熱が下がらない!3日以上ならすぐに病院へ!

子供が風邪をひいて、
熱を出して寝込んでから3日以上経過していて、
38度以上の高熱が下がらないなら、
迷わず病院へ連れて行きましょう!

総合病院ではなく、
かかりつけの小児科病院がいいです。

総合病院だと
ちゃんと見てくれないことが多々あります。
(病院や医師、その時の混み具合によりますが)

その点、かかりつけの小児科病院なら、
普段からお世話になっている分、
安心して先生にお任せできます。

また、高熱が下がらなくても、
子供の状態が以下に当てはまる場合は、
それほど心配はいりません。

  • 食欲がある
  • 熱があっても元気
  • よく寝れている
  • 熱以外の症状が風邪の諸症状のみ
  • (くしゃみ、咳、鼻水など)

    食欲があり、水分がきちんと摂れていて、
    元気がありよく眠り、
    軽い症状しかない場合は、
    高熱であっても大丈夫です。

    もちろん、急な体調の変化は起こりうるので、
    経過を観察する必要はあります。

    風邪のウィルスは、
    3日程度しか活動できないので、
    徐々に熱も下がり体調も良くなっていくはずです。

    また、解熱剤を使わずに、
    熱が下がったり上がったりする場合も、
    慌てず様子を見ましょう。

    子供の体内の免疫細胞が、
    ウィルスと戦っている証拠なので、
    栄養や体力を回復できる食事を摂るようにします。

    スポンサードリンク

    こんな時はすぐに病院へ!危険な症状と緊急対応マニュアル!

    高熱が3日以上続かなくても、
    以下の症状が子供に見られた場合は、
    至急病院へ連れて行ってください。

  • 元気がない
  • 食欲がない
  • けいれんしている
  • ガタガタ震えている
  • 発疹が出ている
  • これらの症状が出たらすぐに病院へ。

    夜間や緊急時には、
    小児緊急電話相談に電話して下さい。

    全国共通で#8000をかけると、
    小児科医や看護婦さんに電話がつながり、
    対処法や病院等のアドバイスをくれます。

    子供が体調を崩してからの経過を、
    簡単でもいいのでメモに残しておく
    的確なアドバイスをもらえます。

    身近で看病する母親であるあなたが、
    しっかりと子供の様子を観察しておきましょう。

    5c3a9e8966fab29bd3bcc11c674b95ea_s

    いつの間にか重症化!1番怖い肺炎

    子供に限らずですが、
    高熱が続いて1番怖いのが肺炎です。

    というのも、
    肺炎は特定の病気だからかかるわけではなく、
    ウィルスや細菌など、
    様々な原因で肺炎になります。

    肺炎になっているかどうかは、
    素人目では判断できないですが、
    前兆となる症状はあります。

  • 38度以上の高熱が続く
  • 激しい咳
  • 胸の痛み
  • 呼吸困難
  • 黄色や緑色の痰
  • こういった症状が見られる場合は、
    肺炎になっている可能性があります。

    レントゲンを始め、
    詳しい検査をしてもらいましょう。

    ただの風邪からでも肺炎にはなるので、
    上記の症状は知っておくと
    肺炎の早期発見につながりますよ。

    6cf4f99778f382c9a74217df51aa0015_s

    子供の風邪の熱が下がらない!命を守る緊急対応マニュアル! まとめ

    子供が風邪をひいて、
    高熱が下がらない場合は、
    子供の様子をしっかりと観察することが大事です。

    普段通りに食欲があり元気であれば、
    そこまで心配はいりませんが、
    食欲もなくぐったりしているなら、
    すぐに病院へ連れて行きましょう。

    また、医師の診断に納得がいかないのであれば、
    他の医師にも診てもらいましょう。

    何はともあれ、
    子供の身近にいる母親であるあなたが、
    しっかりすることが大事ですよ。

    -病気・健康