行事・イベント

神戸ルミナリエ!2016年の日程は?穴場の時間と場所を紹介!

http://acehome.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2012/12/13/111.jpg

http://acehome.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2012/12/13/111.jpg

1995年
阪神・淡路大震災が起きた年の12月より、
毎年開催されている「神戸ルミナリエ」

神戸の街の復興と、
阪神・淡路大震災で亡くなった人たちへの、
鎮魂と哀悼の意味を込めて始まった神戸ルミナリエが、
今年も開催されます。

毎年300万人以上が訪れる、
日本でも有数のイルミネーションとなった、
神戸ルミナリエの日程と、
混雑を回避できる時間帯と穴場スポット
を紹介します。

スポンサードリンク

2016年の神戸ルミナリエの日程は?

2015年は、突然の突風で
建物が崩壊するという事故があり、
今年は開催が危ぶまれていましたが、
なんとか開催することが決定しました。

2016年の神戸ルミナリエの日程は、
12月2日(金曜)〜12月11日(日曜)
となります。

その他の基本情報はこちら。

▼点灯時間
月〜木:18:00頃〜21:30
金:18:00頃〜22:00
土:17:00頃〜22:00
日:17:00頃〜21:30
※日程は変更になる場合があります

▼会場
神戸市中央区旧外国人居留地および東遊園地

▼アクセス
JR神戸線 元町駅から徒歩7分

▼お問い合わせ
(一財)神戸国際観光コンベンション協会内 神戸ルミナリエ組織委員会
TEL (078)303-0038 FAX (078)302-2946

▼1人100円の会場募金がある
ぜひ協力しましょう!

▼公式サイト
http://www.kobe-luminarie.jp/

全ての電飾がLEDになり、
ますます輝きを増した神戸ルミナリエ

ぜひこの幻想的な空間を味わってください!

スポンサードリンク

神戸ルミナリエ 混雑を回避できる時間帯と穴場スポットは?

ルミナリエとは
イタリア語で装飾=イルミネーションの事。

その名の通り、
会場となる旧外国人居留地〜東遊園地の通りは、
LEDの美しい輝きに彩られた別世界になります。

神戸ルミナリエの見どころは3つ

神戸ルミナリエの入口にある「フロントーネ」
メインとなる光の回廊「ガレリア」
ゴール地点の東遊園地公園に、
ぐるりと円形に設置された「スパッリエーラ」

通常、30分程度で通過できる通りですが、
神戸ルミナリエ開催中は、
一目見ようと訪れた観光客でごった返し、
2〜3時間かかることもザラです。

開催期間中に300万人以上も訪れるため、
仕方のないことではありますが、
それでも少しでも混雑は避けたいですよね?

そこで、神戸ルミナリエの
混雑を回避できる時間帯と、
穴場スポットを紹介します。

http://zekkeigogo.com/img/kobetu/ruminarie.jpg

http://zekkeigogo.com/img/kobetu/ruminarie.jpg

◆金曜日の夜が狙い目!?混雑しない時間帯は?

神戸ルミナリエの混雑のピークは、
当然ながら土日の週末です。

なので平日であれば、
全体的に混雑を避けることができます。

意外と混雑しないのが、
初日と最終日

初日の点灯時間直後は混雑しますが、
少し時間をずらせば、
案外楽に観ることができます。

もう1つ意外と狙い目なのが、
金曜日の夜

普通は恋人たちが多く訪れ
混雑しそうな気がしますが、
なぜかそこまでの混雑はなく、
じっくりと装飾を鑑賞できます。

また、狙い目の時間帯として、
消灯する1時間前
20時ごろだと、あまり人がいません。

消灯時間が近いため、
足早に会場を通る人が多いので、
人の流れもスムーズです。

◆人混みやイヤ!神戸ルミナリエを眺めれる穴場スポット

ピークの混雑ではなくても、
人混みがイヤ!
という人はいるでしょう。

そんな人におすすめなのが、
神戸ルミナリエを眺めれる穴場スポットです。

▼神戸市役所展望ロビー

神戸市市役所の24階にある展望ロビーは、
無料開放されているため、
神戸ルミナリエお馴染みの鑑賞スポットとなっています。

ここのポイントは、
ルミナリエのイルミネーションと、
神戸の町並みの夜景が同時に観れること。

レストランや喫茶店もあるため、
ルミナリエを一通り見た後に、
足休めとして訪れるのもおすすめですよ。

⇒神戸市役所展望ロビー公式サイト

▼東遊園地入り口横の高台

こちらはルミナリエのゴール地点である、
東遊園地の入口横にある高台

ここは点灯や消灯を観るのに最適です。

特にルミナリエの点灯時は、
その瞬間を観ようと多くの人が並ぶので、
なかなか点灯の瞬間を観れない
ということがあります。

そんな時は、
一旦ゴール地点である東遊園地まで来て
ルミナリエの点灯を観てから、
あらためてルミナリエを鑑賞しに行くといいですよ。

http://kobe-luminarie.up.seesaa.net/photo/200810.jpg

http://kobe-luminarie.up.seesaa.net/photo/200810.jpg

神戸ルミナリエ!2016年の日程は?穴場の時間と場所を紹介! まとめ

神戸ルミナリエは、
本来の目的であった
震災の復興と亡くなった人たちへの鎮魂
を含みつつ、神戸の街の魅力を知ってもらう
という意味もあります。

LEDの光が織りなす幻想世界にひたりながら、
同時に神戸の街を楽しんでくださいね!

-行事・イベント