行事・イベント

サンタさんの正体はいつバラす?夢を壊させないフォローの仕方は?

happy-1028626_640

クリスマスといえば、
クリスマスプレゼント

子供はサンタクロースに、
自分の欲しいプレゼントを紙に書いたり、
親にお願いしたりして、
クリスマス当日を楽しみに待っています。

そんなサンタクロースを信じていた子供も、
やがてサンタクロースは本当はいないと気づき始めます。

そんな時に困るのが、
「サンタの正体をいつバラすのか?」
ということ。

子供の夢を壊さず、
サンタの正体を教えたいですよね?

そこで今回は、
サンタの正体は何歳ごろでバラすのか?
子供の夢を壊さないフォローの仕方
をまとめました。

スポンサードリンク

サンタの正体は何歳ごろでバラす?

子供がサンタクロースが本当にいないと知る
年齢の平均は8歳ごろ。

小学校3年生になるころには、
なんとな〜く
サンタが本当にいないと感づいているようです。

ただ、そのころに、
「サンタの正体は親だよ」
と、ストレートにバラしても、
子供のショックが大きいです。

なので、できればもう少し大きくなるまで、
なんとかゴマかしたいですね。

小学校高学年になって、
サンタの正体について聞かれたら、
その時は素直に答えてもいいでしょう。

小学校高学年にもなれば、
まわりの友達もサンタの正体について知っているし、
本当にいないことも内心分かっています。

その年頃であれば、
ショックも少ないでしょう。

まとめると、

▼小学校1・2年生
まだサンタクロースを信じているので、
本当の事は言わず、正体はバラさないでおきましょう。

▼小学校3・4年生
うすうす感づいています。
サンタの正体について聞いてくるのもこのころです。

ですが、子供心ではサンタは本当にいると信じたいからこそ、
サンタの正体について聞いていくることが多いので、
ストレートに本当のことを言わずに、うまくゴマかしましょう。

▼小学校5・6年生
小学校高学年にもなれば、
まわりの子供たちもサンタの正体について話すので、
ストレートに教えてもOKです。

といった感じになります。

1番難しいのが、小学校3・4年生

なんとか傷つけずに、
サンタの正体についてボカしたいですよね。

その方法について次で紹介します。

スポンサードリンク

サンタの正体をバラしても夢を壊させないフォローの仕方は?

管理人は小学校3年生の時に、
サンタの正体を知ってしまいました。

4つ上の兄がいるのですが、
サンタの正体の話題になったときに、
ポロッと兄が、

「サンタの正体は親だよ。
プレゼントを枕元においているだけさ。」

とあっさりバラされ、
わんわん泣きながら否定したのを今でも覚えています^^;

小学校3・4年生は微妙な年ごろ。

本当はいないと思いつつも、
心のどこかではサンタはいると信じています

なので子供の夢を壊さずに説明しましょう。

例えば、

「サンタさんは小さい子供には直接渡すけど、
大きくなった子供には
親にプレゼントを渡す役目を与えるんだよ」

といったように、
サンタは本当はいると匂わせながら、
うまく説明したいですね。

また、小学校5・6年生でサンタの正体を知ったり、
うっかり、小学校3・4年生で知った場合でも、
クリスマスプレゼントは渡してあげましょう。

サンタの正体を知ったから
プレゼントがもらえなくなった!

となると、ますますショックが大きくなります。

正体がバレてしまってはしょうがないので、
子供と一緒にプレゼントを探すなど、
違う楽しみ方をしましょう。

christmas-1017506_640

サンタさんの正体はいつバラす?夢を壊させないフォローの仕方は? まとめ

サンタさんの正体を知るのは、
子供にとっては大事件です。

それだけに、慎重に子供と向き合いましょう。

また、小学校高学年までには、
サンタの正体については
カミングアウトしておきたいですね。

中学生になっても信じている子もいますが、
そこまでいくと、
同学年の子にバカにされてしまうことも珍しくありません。

いつまでもサンタを信じているのはいいことですが、
現実を教えるというのも親のつとめですよ。

サンタの正体を知っていても知らなくても、
クリスマスプレゼントを用意するのを忘れずに、
楽しいクリスマスを過ごしてくださいね!

クリスマスに、
サンタの場所を追跡するサイトがいくつかあります。

その1つが、Googleが提供しているこちらのサイト。
https://santatracker.google.com/#village

24日の19時からサンタの追跡が始まるので、
このサイトを見ながら、
サンタがプレゼントを運んでいる姿を思い浮かべるのもいいですよ。

-行事・イベント