行事・イベント 雑学

お正月花の意味は?どんな花が縁起がいい?神様の依り代!?

f4c7218afde1ea4a6db41f7609f63527_s

お正月の飾りと言えば、
しめ縄や門松、鏡餅、
と言ったところがお馴染みですよね。

そういったお馴染みの飾り以外にも、
日本では古くから、
お正月に縁起の良い花を飾る風習があります。

しめ縄や門松、鏡餅ほどではないにしても、
お正月花の風習を守っている家もあるでしょう。

今回は、そんなお正月花について、
お正月に飾ると縁起の良い花や、
その花の意味
にをまとめました。

スポンサードリンク

お正月花は神様の依り代!?

そもそもなぜお正月花を飾るのか?

それは家にやってきた歳神様の依り代とするためです。

玄関に飾る門松は、歳神様の目印ですが、
家に来た歳神様をもてなすためには、
歳神様を家にとどまらせないといけません。

そのための依り代として、
お正月花を飾ります。

お正月花を飾ることで、
縁起を担ぐとともに、
歳神様と一緒にお正月を過ごして、
1年間の健康と安全を願っていたんですね。

スポンサードリンク

お正月花の意味は?どんな花が縁起がいい?

それでは、
代表的な縁起の良いお正月花の意味
を見ていきましょう。

まずは縁起物と言えばこれ!
松・竹・梅

▼松
常緑樹で1年の間ずっと緑色の葉っぱを落とさないことから、
「不老長寿」、「永遠の命」の象徴。
歳神様を「待つ」、「祀る」事から、
松となった説があります。

▼竹
冬の寒さや雪などにも負けない強さを持つ竹は、
「繁栄力」、「生命力」の象徴。
曲がらずまっすぐ成長する事から、
「誠実な心」、「強い志」といった意味もあります。

▼梅
梅は他の花よりも先に咲くため、「出世」、「開運」の象徴。
「産め」の語呂合わせで「子孫繁栄」のシンボルでもあります。

0d77aea431552edb07cbf87818405d07_s

続いて、松・竹・梅と一緒に飾られることの多い、
菊と椿。

▼菊
菊は「不老長寿」の象徴。
お正月にふさわしい縁起の良いお花です。

▼椿
常緑樹でツヤのある照り葉が「繁栄」を象徴しています。

その他のお正月に飾ると縁起の良い、
お正月花と意味はこちら。

▼千両
その名前から「商売繁盛」の象徴。
赤い実が特徴的です。

▼南天
南天は「難を転ずる」ということから、
「厄除け」や「無病息災」という意味を持っています。

▼葉牡丹
紅白は縁起物の象徴。

▼バラ
バラは花の咲いている時期が長く、
「長春花」の別名を持つことから、
「長寿」を意味する縁起のいい花です。

e09c797b0e64192dc516b5a1b5be09cb_s

お正月花の意味は?どんな花が縁起がいい?神様の依り代!? まとめ

いかがでしたか?

松・竹・梅や菊といった花は、
割りとよく縁起の良い花として見かけますが、
その他の花は、あまり見かけることがない花も。

バラなんてお正月には不似合いに見えますが、
全くそんな事はなかったりと面白いですね。

今年のお正月には、
しめ縄や門松、鏡餅以外にも、
お正月花を飾って、歳神様をもてなしてくださいね。

-行事・イベント, 雑学