行事・イベント

お年玉の相場!高校生はどれくらい?お年玉を渡すのは最後?

289b682a4b7ef634e0978600ebab631d_s

高校生へのお年玉

高校生とものなればアルバイトをして、
自分でお金を稼ぐことをしている人も多いです。

自分で働いて稼いだお金で欲しい物を買う。

アルバイトをすることで、
稼ぐことがいかに大変かを知り、
お金の大切さを学ぶことができます。

そんな高校生に渡すお年玉は、
どれくらいが相場なんでしょうか?

お年玉はいつまで渡せばいいんでしょう?

今回はそんな気になる疑問を調べてみました。

スポンサードリンク

高校生のお年玉の相場はどれくらい?

高校生に渡すお年玉の相場は、

5000円〜10000円

です。

高校1年生〜2年生は5000円、
3年生は10000円とする場合が多いですね。

このあたりは各家庭や親戚と話し合って、
決めた金額をお年玉として渡しましょう。

大掃除や自分の部屋の掃除をしたら、
お年玉の金額を増やす
といった条件をつけるとテキパキと働くので、
年末の忙しい時期の労働力として非常に助かりますよ(笑)

また、あまり合う機会がない場合は、
入学祝い・卒業祝いをお年玉と一緒に渡すのがいいでしょう。

相場としてはお年玉に+10000円
お金ではなく、なにかプレゼントを渡すのもいいですね。

定番なのが腕時計ですが、
このあたりも親類と相談して決めておくといいですよ。

さすがに高校生にもなると、
年齢もありお年玉は高額です。

正しく使ってくれるよう願うしかありませんね。

スポンサードリンク

お年玉を渡すのはいつまで?高校生が最後!?

お年玉をいつまで渡すか。

ずっとお年玉を渡し続けるわけにはいかないので、
どこかで区切りを付けないといけません。

その節目となるのが高校生

高校を卒業すれば、
就職や進学で親元を離れる場合が多いです。

このタイミングで、
お年玉を卒業するのが一般的。

大学生になってからも、
お年玉を渡す家庭もありますが、
それはちょっと過保護では?
と個人的には思ってしまいますね。

お年玉がもらえるのは子供のうちだけ。

高校を卒業すればもう立派な大人の仲間入りです。
選挙権も18歳に引き下げられましたしね。

高校卒業を機に、
お年玉も一緒に卒業させましょう!

2c6569ae54dc4255e8894ad52fac510d_s

お年玉の相場!高校生はどれくらい?お年玉を渡すのは最後? まとめ

高校生に渡すお年玉。

最後のお年玉となるので、
奮発したい気持ちは分かりますが、
あまり高額になっても使い道がありません。

お年玉は相場金額内で収めつつ、
それ以上のものは、別の形で渡すのがいいでしょう。

その方が、その子のためになりますよ。

まだお年玉の金額を決め兼ねているのなら、
相場を参考にして決めましょう。

最後のお年玉となるのなら、
お年玉と高校卒業祝いとして、
プレゼントも別に用意しましょう。

大人の階段を昇る、
一歩を踏み出す手助けをしてくださいね。

-行事・イベント