病気・健康

風邪の関節痛の原因は?湿布は間違い!?痛みを和らげる方法!

871a97f4f9b08d8c4100063acb61b8bf_s

風邪をひくと、
色々な症状に悩ませれますが、
その症状の1つが関節痛

あまりにひどいと、
寝ることもできないぐらいの痛みが襲いますが、
なぜ風邪をひくと関節痛が起きるのでしょうか?

今回は、
風邪をひいた時に関節痛になる原因と、
関節痛を和らげる方法
について調べてみました。

スポンサードリンク

風邪をひいた時の関節痛の原因は?

風邪を引き起こすウィルスというのは
200種類以上もあり、

「このウィルスが風邪のウィルスだ!」

特定するのは非常に難しいです。

風邪に特効薬が未だにないのも、
ウィルスが特定できないからです。

そんなウィルスが体内に入ると、
免疫細胞がそのウィルスを退治しようと活発になります。

その免疫細胞の働きを助けるために、
白血球から
「サイトカイン」
という物質が分泌されます。

このサイトカインは、
ウィルスを退治するためのものですが、
時に過剰に分泌される場合があります。

サイトカインがあまりに過剰に分泌されると、
健康であるはずの臓器がダメージを受け、
機能不全に陥ってしまいます。

そんなサイトカインを過剰に分泌されないよう、
抑制する働きがあるのが、
「PGE2(プロスタグランジンE2)」
です。

このPGE2がサイトカインとセットで分泌されることで、
最大限に効率よくウィルスを退治することができます。

ところがこのPGE2
サイトカインを抑制すると同時に、
関節の痛みや熱を引き起こしてしまう作用があります。

つまり、風邪で関節痛が起きるということは、
体内の免疫細胞がウィルスと戦っている証拠
というわけです。

そう考えると、
多少の関節痛にはガマンできるんじゃないでしょうか?

スポンサードリンク

湿布は間違い!?関節痛の痛みを和らげる方法!

関節痛が、
免疫細胞がウィルスと戦っているお陰と分かっても、
痛みで眠れないようではたまりません。

なんとか関節痛の痛みを和らげたいところですが、
風邪のウィルスと戦って関節痛が起きる以上、
風邪を治すのが関節痛を和らげる1番の方法になります。

そのためには、
安静にして寝るのが大切。

なんですが、関節痛で眠れない…
といった悪循環になるとどうしようもないですよね?

そこで、関節痛を和らげる方法として、
よく湿布を患部に貼ると良い、
と言いますが、ハッキリ言って全く効果はありません

湿布は熱を持った患部に対しては効果がありますが、
風邪の関節痛は免疫細胞の働きが原因なので、
気休めにしかなりません。

じゃあどうすれば関節痛を和らげることができるのか?
ですが、
あまりに関節痛がひどい場合は、
鎮痛剤を飲みましょう。

また、アロマオイルも効果的。
鎮痛作用があるペパーミントやベランダーなどで、
気分を落ち着かせつつ、関節痛も和らげることができます。

微熱の場合は、
お風呂に入って免疫力を高めるのもいいですね。

もちろん、湯冷めして風邪を悪化させないようにしましょう。

通常、風邪は4日〜5日もあれば症状が治まりますが、
2週間ほど経っても熱や関節痛が治まらない場合は、
別の病気の可能性があるので、すぐに病院へ行きましょう

痩せ我慢は体に良くないですよ。

b24ad6f6e521b030d26cf6bc127c9096_s

風邪の関節痛の原因は?湿布は間違い!?痛みを和らげる方法! まとめ

風邪をひいた時の関節痛は、
免疫細胞がウィルスと戦っているために引き起こされるものでした。

そう考えると、多少の傷みはガマンできそうですが、
あまりに痛みがひどい場合は、
鎮痛剤やアロマオイルなどで、痛みを和らげましょう。

また、熱や関節痛がなかなか治まらないい場合は、
すぐに病院へ行ってください。

風邪は万病の元と言います。

たかが風邪と侮らずにしっかりと治しましょう!

-病気・健康