行事・イベント 雑学

干支の順番の由来は?意味は?猫はネズミに騙された!?

c8cb8b63aea263ab7661ed4eb429d2cf_s

子(ね)、丑(うし)、寅(とら)、卯(う)
辰(たつ)、巳(み)、馬(うま)、未(ひつじ)
申(さる)、酉(とり)、戌(いぬ)、亥(い)

日本人にはお馴染みの干支

子供の頃に、
リズムに合わせて覚えたという人も多いでしょう。

そんな干支ですが、

この順番になった由来は?
干支それぞれに意味はある?
猫が干支に入っていないのはなぜ?

といった疑問が浮かんできます。

今回はそんな干支にまつわる謎についてまとめました。

スポンサードリンク

干支の順番の由来は?

干支の順番が決まった由来として、
1番有名なのが、レース説です。

昔々、神様が動物たちに言いました。

「1月1日、新年の挨拶に来た早い者12匹に、
”干支”という称号を与えて、
1年ずつその年を代表する動物の大将にしてやろう。」

それを聞いた動物たちは張り切り、
新年の挨拶レースに名乗りをあげます。

こうして始まった新年の挨拶レース。

先陣を切ったのは、すばしっこいネズミでした。

順調に先頭を走るネズミのですが、
牛がノソノソと歩いてる姿を目撃します。

「自分が先頭のはずなのに、
どうしてノロマな牛が先にいるんだろう?」

そんな疑問を持ったネズミは牛に聞きました。
すると牛は、

「僕は足が遅いから、前の日の晩からレースを走っていたんだよ」

それを聞いたネズミは驚きましたが、
同時に妙案を思い浮かべます。

「僕を神様の所まで運んでいってくれない?」

牛はネズミの提案をこころよく受け入れ、
ネズミは牛の背中に乗って神様の所まで運ばれました。

もうすぐゴール、というところで、
ネズミが牛の背中から飛び降り、
1番でゴール
します。

こうしてまんまと牛を騙したネズミが1位となり、
その後、続々と動物たちがゴールしてきました。

最後のイノシシがゴールし、
干支となる12匹が決定!

そんな事もつゆ知らず、
1匹の動物が次の日に神様の元を訪れます。

その動物とは

猫は神様から、
レースは前の日に終わっていることを聞き激怒します。

なぜなら、猫はレースの日をネズミに教えてもらっていたのですが、
教えられた日はレースの次の日、
つまり「1月2日」とウソの日を教えられていました。

こうして猫はネズミに騙され干支に選ばれず、
ネズミを見ると怒って追いかけ回すようになったのです。

このレース説は有名なので、
1度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

それにしてもネズミの策士っぷり。

体の大きさに似合わないしたたかさは、
褒められたものではないですが
天晴としか言いようがないですね^^;

スポンサードリンク

干支それぞれの意味は?

干支にはそれぞれに意味が込められています。
それぞれの干支の意味はこちら。

子…行動力があれば財を成す、子孫繁栄の象徴。
直観力や判断力に優れているので起業家向き。

丑…粘り強さと誠実さの象徴。
コツコツ職人気質で苦難に立ち向かうパワーがありその道を極める。

寅…冷静な決断力と信念の象徴。
チャンスが来るまで待つチャレンジ精神が旺盛。

卯…飛躍、家内安全の象徴。
人当たりが良く誰とでも仲良くなれる。奉仕の精神で尽くす宿命。

辰…権力者、生命力の象徴。
活動的で自己主張が強いリーダータイプ。

巳…情熱と探究心の象徴。
穏やかな割に芯の強さと信念がありお金にも恵まれる。

午…開放的、陽気さが象徴。
負けず嫌いで積極的に人生を突き進んでいく。

未…人情に厚い、穏やかさの象徴。
物事を手堅く計画的に進めていくので大きな失敗が少ない。

申…臨機応変、器用さの象徴。
好奇心が強くおしゃべり好きで出世も早く友人にも恵まれる。

酉…世話好き、親切の象徴。
せっかちでいつも忙しい。転職が多い宿命。

戌…努力家、勤勉の象徴。
忠誠心が強く人との絆を大切に着実にステップアップしていく。

亥…無病息災、勇気の象徴。
一度決めたらやり通す意思の強さと自信で経験を積み重ねていく。

あなたの性格と干支の意味はあっていましたか?

bdc5e3be5c9c972c02217d2fd9529bb8_s

干支の順番の由来は?意味は?猫はネズミに騙された!? まとめ

干支が使われ始めた起源は古く、
中国の殷の時代(紀元前1400年ごろ)
と言われています。

もともと干支は、木星の位置を表すためのもので、
木星は12年で1周するので、
1年毎に漢字を割り振ったのが始まりです。

この時から猫が入っていなかったことを考えると、
猫が可愛そうですね…

年末年始になると、
「来年の干支は何だっけ?」
と考えるのが日本のお馴染みの光景。

干支の順番が決まった由来や、
今まで知らなかった干支の意味を考えながら、
年末年始を過ごしてみてはどうですか?

-行事・イベント, 雑学