行事・イベント 雑学

宝くじの当たる確率がUPする買い方!バラと連番ではどっちがお得?

45307adab1fbaaffef12666822fc6a47_s

1年も終わりに近づき、
最後のもう一踏ん張り!
で仕事を頑張っている人も多いでしょう。

そんな時期に発売されるのが、
「年末ジャンボ宝くじ」

ジャンボ宝くじは、
夏にサマージャンボ
秋にオータムジャンボが発売されますが、
年末ジャンボ宝くじだけは毎年買っている
という人がほとんどではないでしょうか?

そんな夢の宝くじですが、
当たる確率が上がる買い方のコツ
があるのを知っていますか?

今回は、
宝くじの当たる確率が上がる買い方と、
バラと連番ではどっちが得か
についてまとめました。

スポンサードリンク

宝くじの買い方!バラと連番ではどっちがお得?

宝くじを買う時に、
取り敢えず10枚1セットだけは買う
という人はいませんか?

管理人もそんな1人です。

10枚1セットだと、
「バラ」か「連番」で買うことになりますが、
どっちが当たる確率が高いんでしょうか?

答えは「バラ」

バラで買った方が、
連番で買うより2.5倍も当たる確率が上がります。

単純に考えても、
連番だと組が違った瞬間に
期待値は限りなく低くなりますが、
バラであれば最後までドキドキできます。

実際、管理人も1万円当たったことがありますが、
その時はバラを10枚購入していました。

取り敢えず宝くじを買う。
という時はバラで買った方がいいですよ♪

スポンサードリンク

宝くじの当たる確率がUPする買い方!

宝くじの買い方には、
バラと連番以外にも色々な買い方があります。

この買い方を知っておくだけで、
当たる確率がグッと上がりますよ。

◆縦バラ

10枚1セットを3袋から購入可能。

組はバラバラですが、
番号は3連続つながっている連番になっています。

例えば、

1セット目
10組 101110、26組 19283、52組 16735

2セット目
10組 101111、26組 19284、52組 16736

3セット目
10組 101112、26組 19285、52組 16737

といった感じになるので、
1等+前後賞の高額当選を狙える買い方です。

◆縦連

10枚1セットから購入可能。
複数買うと同じ組で連番を購入できます。

1セット目
10組 10111010組 10111110組 101119

2セット目
10組 10112010組 10112110組 101129

3セット目
10組 10113010組 10113110組 101139

誰もが、
「あと数個番号がズレていれば当たっていたのに〜」
といった経験をしたことがあるでしょう。

縦連で買えば、
そういった、番号が数個違いで外れる
というのを避けることができます。

また4等、5等が当たる可能性が高い買い方です。

◆特バラ

「01組~100組」各1枚、
番号の下2桁が「00~99」まで各1枚、
全100種類購入できる。

下1桁10枚と下2桁1枚は必ず当たります。

特バラは100枚単位での購入なので、
30,000円になりますが、

下1桁 300円×10と、
下2桁 3000円が必ず当たるので、
24,000円で100枚購入することになります。

他の当たりが当たれば十分に元が取れる、
お得な買い方が特バラです。

b4f82eb7a1e3fbeb62a6b7dcc20ba0ae_s

宝くじの当たる確率がUPする買い方!バラと連番ではどっちがお得? まとめ

宝くじの買い方1つで、
当たる確率が変わるので、
知っているのと知らないのとでは大きな差が出ます。

また、よく当たる宝くじ売り場で買うと、
さらに当たる確率を上げることができます。

有名な所では、
「東京西銀座チャンスセンター」と、
「大阪駅前第4ビル特設売り場」がありますね。

東京西銀座チャンスセンターは、
購入代行のサービスがあるので、
なかなか足を運ぶことができないという人は、
利用してみてはどうでしょうか?

⇒宝くじの購入代行「ドリームウェイ」はこちら

購入窓口の指定や、
コメントで縦バラ、縦連の指定ができるので、
利用しやすいですよ。

色々な宝くじの買い方を駆使して、
高額当選を目指しましょう!

-行事・イベント, 雑学