行事・イベント 雑学

宝くじに税金はかかるの?高額当選したら要注意なNG行動!

28ab43b70a60407f015688ac1ea65ae7_s

宝くじを買う目的はたった1つ。

「高額当選をして大金を手にしたい!」

宝くじの種類によって、
当選金額に差はありますが、
買う目的は同じですよね。

もし、高額当選した場合に気になるのが、
「宝くじの当選金には税金がかかるのか?」
ということ。

本当に高額当選した時にためにも、
宝くじの税金に関して知っておきましょう。

スポンサードリンク

宝くじの当選金は非課税!

結論から言えば、
宝くじの当選金は非課税となるため、
所得税や住民税を払う必要はありません。

なぜ非課税かというと、
宝くじを買う時にすでに税金を払っているからです。

宝くじの購入金額の内、約40%は税金です。

もうすでに税金を払っているので、
当選金には税金がかからないというわけです。

これは、ロト6やTOTOなどでも同じ。

これで安心して宝くじを買うことができますね!

ちなみに、競馬などのギャンブルや、
懸賞金や賞金といったものは、
一時所得として税金がかかってしまいます。

このあたりは宝くじと違って、
先に税金を払っているわけではないので、
税金を払わないといけません。

スポンサードリンク

宝くじで高額当選した時にやってしまいがちなNG行動!

宝くじの当選金は非課税ですが、
それでも税金がかかってしまう場合があります。

それが、高額当選したら誰もがやってしまいがちな、

「宝くじが当たったから何割か親にあげよう」

といった、誰かに当選金をあげる事です。

この場合、”贈与税”という税金がかかり、
最高で55%の税金を払うことになります。

贈与税は1年間に、
110万円以上の金額を渡すとかかる税金です。

渡す金額や相手との続柄で税率は変わりますが、
最低3000万円以上で最高税率の55%になります。

しかもこの税金を払うのはもらった方なので、
良かれと思ってした行動が、
かえって相手に迷惑になってしまいます。

もらったお金の半分が税金で持っていかれたら、
あんまり嬉しくはないですからね…

その他にも、税金がかかる意外なものとして、
”利息”があります。

銀行にお金を預けていると、
年利に応じて利息が支払われます。

この支払われた利息は、
源泉徴収として申告して税金を納めないといけません。

◯億といった高額を銀行に貯金する場合は、
利息の税金を払い忘れないようにしましょう。

d24e3b3007b8a8b72ce5e2de029c6c78_s

贈与税がかからないようにするウラ技!

せっかく高額当選したのに、
独り占めするのは気が引ける…
せめて家族にはいくらか渡したい。

そんな気分になるのは当然です。

そこで、贈与税を払わずに、
当選金を渡せるウラ技を教えましょう!

そのウラ技とは、
”共同で宝くじを購入した”
事にする、です。

宝くじを共同購入した間柄では、
いくら当選金を受け渡ししようが
贈与税は一切かかりません

なので、当選金を分けたい人全員で、
銀行に行き、全員の名義で当選金を受け取ればいいんです。

その場で口座に振り込んでもらってもいいでしょう。

一緒に銀行に行くのが難しい場合は、
委任状があればOKです。

こうすれば贈与税はかからずに、
当選金を分けることができます。

この方法は違法でも何でもないので、
覚えておくといいですよ。

ebd228ef90e0aa1bc7499b72d1ba4925_s

宝くじに税金はかかるの?高額当選したら要注意なNG行動! まとめ

夢を買う宝くじ。

実際に高額当選した場合には、
必ず「当選証明書」を発行してもらいましょう。

当選金を使った時に税務署から問い合わせが来る場合があり、
宝くじの当選金という証拠になります。

宝くじの高額当選者は、
その後、不幸になっている人が多いです。

それは後先考えずに、
お金を使ってしまったのが原因でしょう。

せっかく高額当選したのに不幸にならないよう、
しっかり考えてお金を使って下さいね。

-行事・イベント, 雑学