行事・イベント

体育の日の由来!10月10日から変わったのはどうして?

b4271484819cb412f8a1c7617b501e56_s

10月の祝日といえば体育の日
ですよね。

僕が子供のころは、
10月10日でした。

今は10月の第2月曜日になっていますね。

学校行事として、
この日に合わせて
運動会や体育祭を開催する所も多いです。

そんな体育の日ですが、
作られた由来を、
あなたはちゃんと知っていますか?

体育の日が作られた背景には、
あの東京オリピックが関係していたんです!

今回は、体育の日ができた由来と、
10月10日から第2月曜日に移動した理由について、
教えますね。

スポンサードリンク

体育の日の由来は?

先ほども書きましたが、
体育の日が作られた背景には、
東京オリンピックが関係しています。

1964年に開催された東京オリンピック

その開会式が行われた日が、
10月10日だったんですね。

東京オリンピックの期間中、
日本が獲得した金メダルの数は、
なんと16個!

世界でも獲得数3位の成績でした。

その成績を讃え、
また、日本国民に多くの感動を与えたことから、
東京オリンピックの開会式が行われた10月10日を、

「スポーツを楽しみ健康な体を培う日」

として、
1966年、体育の日として祝日となりました。

スポンサードリンク

どうして10月10日だったのか?

華々しい成績を残し、
大成功となった東京オリンピック。

その開会式が行われたのは、
10月10日でしたが、
どうしてこの日が選ばれたのでしょうか?

東京オリンピックは、
戦後から復興した日本の姿を、
世界の人達に知ってもらう絶好の機会でした。

そのため、
開会式は絶対に晴れた日にしたかったのです。

そこでオリンピック委員会は気象庁に、
晴れる確率の高い日を割り出す事を求めます。

その結果、
10月15日と10月10日が選ばれました。

確率が1番高いのは10月15日でしたが、
あいにくその日は平日。

2番めに確率の高い10月10日は土曜日だったので、
多くの人に開会式を見てもらうため、
10月10日が選ばれました。

ちなみに、なぜ10月なのかというと、
暑すぎず寒すぎない
海外の選手も体調管理がしやすいだろう
ということで選ばれました。

日本の”おもてなし”の精神は、
昔から活きていたんですね。

51e10d92ef29433889cab220405f54f1_s

体育の日はなぜ10月の第2月曜日になったのか?

国民の祝日としては、
大きな意味のある10月10日の体育の日

それが第2月曜日に移動したのは、
ハッピーマンデー制度によるものです。

ハッピーマンデー制度とは、
土日の週休2日と祝日を合わせて、
3連休以上の休暇を増やし、
観光業や運輸業
活性化をさせるのが目的で作られました。

体育の日が第2月曜日に移動したのが2000年です。

体育の日以外にも、
成人の日、海の日、敬老の日などが、
月曜日に移動しました。

移動したお陰で、
祝日ができた本来の意味が失われてしまい、

形だけの祝日となることから、
ハッピーマンデー制度に反対の声が
今も根強くあります。

祝日が増え、
連休が多く取れるのは確かに良いことです。

ですが、その結果として、
意味のある祝日というものが減ってしまったのは、
非常に残念です。

名前だけの祝日ではなく、
休みになるだけの理由がある祝日のほうが、
個人的には増えて欲しいですね。

とは言え、
せっかく連休が増えるんですから、
そこはしっかりと楽しみましょう!

まずは体育の日に合わせて、
体を動かしてリフレッシュしてみませんか?

-行事・イベント