病気・健康

ガングリオンは何科を受診すればいい?4つの治療方法と費用

https://welq.cdn-dena.com/

https://welq.cdn-dena.com/

手首や指の付け根などを始め、
色々な場所にできてしまうガングリオン

痛みがない場合や、
ガングリオンができた場所によっては
放置で大丈夫ですが、
見慣れいないしこりはちょっと不安になります。

そんな不安を解消するには、
病院でガングリオンを診てもらうのが1番!

そこで今回は、
ガングリオンができてしまったら、
何科に受診したらいいのか?
ガングリオンを治療する4つの方法と費用
について
調べてみました。

スポンサードリンク

ガングリオンは何科を受診すればいい?

ガングリオンができてしまった場合は、
整形外科を受診しましょう。

整形外科が無い場合は、
皮膚科や形成外科でも大丈夫です。

が、整形外科の方がより専門分野なので、
正確な診断ができ、
ガングリオンと似た症状の場合でも、
早期発見につながります。

また、ガングリオンを治療するとなった場合、
整形外科のほうが多くの治療方法ができます。

スポンサードリンク

ガングリオンを治療する4つの方法と費用

ガングリオンを治療する方法は4つあります。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、
医師と相談の上、
自分に合った治療方法を選びましょう。

◆穿刺(せんし)治療

注射器でガングリオンの内容物である
ゼリー状の液体を吸い取り小さくする治療方法

ガングリオンの治療方法では
最もよく行われる方法ですが、
再発しやすいという欠点があります。

費用は2000円〜3000円程度

傷跡も残らず短時間で終わるため、
とにかくガングリオンを早く何とかしたい場合は、
穿刺治療がおすすめです。

e9f865c110f2dbe71513999fb5ddff85_s

◆薬治療

によって、
ガングリオン内のゼリー状の液体を周囲にちらし、
しこりを治す方法

耳の後ろなど、
他の治療方法がしにくい場所にある
ガングリオンに使われます。

この治療方法も穿刺治療と同じく、
再発の可能性が高く、
ガングリオンが他の場所に移動してしまう場合もあります。

費用は2000円〜3000円程度

即効性はなく時間がかかってしまうので、
無理にこの治療方法を選ぶ必要はないでしょう。

◆切除治療

メスで、
ガングリオンを丸ごと除去する治療方法です。

ガングリオンの再発率はかなり低いですが、
メスで切除する方法なので傷跡が残ります。

切除治療であるため、
保険の手術保障の対象外であることが多く、
費用は2万〜3万円ほどかかってしまいます。

場合によっては入院することもあるので、
お金と時間に余裕があり、
ガングリオンを何とかしたい場合は、
切除治療がいいでしょう。

◆レーザー治療

傷跡も残らず、
ガングリオンの再発率が最も低いのが、
近年人気となっているレーザー治療です。

レーザー治療というとちょっと怖いですが、
ガングリオンの治療の場合、
低出力なので痛みはありません。

ただし、ガングリオンを完全に治すには、
1度のレーザー治療では効果はなく、
何度もレーザー治療を受ける必要があります。

そのため、
2ヶ月ほど毎日通院いなければならず、
時間が取れない人にとっては難しい治療方法です。

レーザー治療は保険が適用されるため、
2000円程度ですみます。

以上4つの治療方法ですが、
それぞれにメリット・デメリットがあるので、
医師と相談した上でどの治療をするか選んで下さいね。

https://welq.cdn-dena.com/

https://welq.cdn-dena.com/

ガングリオンは何科を受診すればいい?4つの治療方法と費用 まとめ

ガングリオンの治療方法を
インターネットで調べていると、
ガングリオンを押して
圧迫しつぶすことで治療する方法がありました。

自分で簡単に治療できる!

ということで紹介されていましたが、
最悪、神経を傷つけてしまう場合がるので、
絶対に自己判断ではしてはいけません!

ガングリオンの治療方法として、
圧迫治療はありますが、
痛みを伴う上、再発する可能性があります。

あまりメリットがないので、
今回紹介した4つの治療方法から選択しましょう。

ガングリオンができてしまって不安を感じたら、
早めに整形外科を受信して診てもらいましょう。

ほとんどは放置で大丈夫と言われますが、
ガングリオンを治療したい場合は、
しっかりと医師と相談してくださいね。

-病気・健康