行事・イベント 雑学

初詣はいつまでに行けばいい?初詣の本来の意味や由来は?

8c955efbcfabc669cb2f29fdb1a321e0_s

新年を迎えて初めてお参りする初詣

でも挨拶回りに忙しくて、
ついつい行きそびれてしまった…
そんな経験はないですか?

そもそも初詣は、
いつまでに行けばいいのでしょうか?
また、初詣の意味や由来は?

今回はそんな初詣について、
色々と調べてみました。

スポンサードリンク

初詣はいつまでに行けばいい?

初詣3が日の間に行けばいい。
と言ったことを1度は聞いたことがあるでしょう。

ですが、3が日は何かと忙しく、
なかなか初詣に足を運べない、
と言ったことが珍しくありません。

じゃあ、3が日の間に行けないと、
初詣じゃなくなるのか。

というとそうではなく、
初詣は1月7日までの「松の内の期間内」に行くのが一般的です。

関西では松の内が1月15日まで、
地域によっては1月20日まで松の内の所もあります。

”新年になって初めてお参りするのが初詣”
といった定義もありますが、
新年になったらできるだけ早めにお参りしたいもの。

やはり松の内の期間内を目安に、
初詣を済ませるのがいいでしょう。

スポンサードリンク

初詣の由来は?

初詣は、
「年籠り(としごもり)」
という風習からきています。

年籠りとは、

「一家の長が大晦日の夜から元日の朝にかけて、
氏神様のお社に篭り、
新年を平穏無事に過ごせるように祈る」

こと。

その後、この年籠りが、

  • 大晦日に夜に詣でる「除夜詣(じょやもうで)」
  • 元旦に詣でる「元旦詣(がんたんもうで)」
  •  
    と分かれてしまいます。

    この分かれた内の1つ、
    元旦詣が初詣の原型と言われています。

    江戸時代になると、
    元旦詣では「恵方詣り(えほうまいり)」と呼ばれ、
    その年の吉を呼ぶ方角である
    「恵方」にある神社に参拝しに行くようになります。

    明治時代中期になると、
    交通機関の発達により、
    有名なお寺や神社に初詣に行くようになりました。

    こうして現在の初詣の形になり、
    それがずっと続いているというわけです。
     
     
    初詣で参拝を済ませたら、
    寄り道せずまっすぐ帰るようにしましょう。

    これは、
    神様からいただいた力を家に持ち帰るため
    と言われています。

    ちなみに、
    初詣の詣でるとは
    「自分の意志で行くこと」を意味しています。

    初めて自分の意志で、
    神社やお寺に参拝しに行くことを、
    初詣と言うんですね。

    4ba121fbcb10f7064375031662f767d2_s

    初詣はいつまでに行けばいい?初詣の本来の意味や由来は? まとめ

    初詣について色々分かったのではないでしょうか?

    初詣は松の内の期間内行けばいいので、
    3が日が忙しくても大丈夫。

    むしろ、3が日が過ぎれば、
    参拝しに来る人は少なくなっているので、
    人混みが苦手な人は、3が日以降に初詣に行くといいですね。

    参拝する時にお賽銭を入れますが、
    実はこのお賽銭にも意味があります。

    1枚(5円)「ご縁がありますように」
    2枚(10円)「重ね重ねご縁がありますように」

    ※ご縁が遠のくという意見もあります
    3枚(15円)「十分ご縁がありますように」
    4枚(20円)「よいご縁がありますように」
    5枚(25円)「二重にご縁がありますように」

    といった意味がお賽銭にはあるんですね。

    今年の初詣にはお賽銭の意味も気にしながら、
    神様に感謝しつつお祈りをしましょう。

    -行事・イベント, 雑学