雑学

運動会までにかけっこが速くなるには?4つのコツと練習方法!

2016/07/30

a4bff6538665019ba41ca82e46ceb509_l

運動会の花型競技といえば、
かけっこですよね。

かけっこが得意な子供は、
とても楽しい競技ですが、
苦手な子供にとっては、
全く楽しくない競技です。

せっかくの運動会。

どうせなら子供には、
最後まで楽しんでほしいものです。

そこで今回は、
かけっこが苦手な子供でも、
運動会までに速く走れるようになるコツと、
家庭での練習方法をまとめました。

スポンサードリンク

かけっこが速くなる4つのコツ

かけっこは、
コツとしっかり練習をすれば、
誰でもある程度は速く走れるようになります。

絶対に1位を取れる!

とまではいいませんが、
みんなと
いい勝負ができるぐらいにはなります。

あと少しで勝てたのに…
と思えば、
さらに練習をすることで、
勝てるようになるかもしれませんよ。

かけっこが速くなるコツ
4つあります。

1.スタート姿勢

上半身は、
スタート後に第一歩がスムーズに踏み出せるよう、
前傾姿勢に。

2.腕の振り方

速く走るには、
腕をよく振る必要があります。
この時、ワキを締めて振るのが重要

3.ももの上げ方

ももを高く上げることで、
力強く前へ踏み出すことができます。

力強く踏み出すことで、
地面を強く蹴ることができます。

4.体力

ゴールまで力尽きては元も子もありません。
最後まで走り切る体力は、
最低限必要になります。

以上が、
かけっこで速く走るために必要な4つのコツです。

これらを1つ1つ修正していくことで、
かけっこが速く走れるようになりますよ。

スポンサードリンク

かけっこが速くなる家庭でできる練習方法

かけっこを速く走るための
4つのコツが分かったところで、
家庭でできる練習方法を紹介します。

◆正しい姿勢を身につける

かけっこを速く走るためには、
正しい姿勢を身につける必要があります。

1.肩甲骨・お尻・かかとをを壁に付けた状態で立つ
2.ゆっくり足を90度上げる
3.肩甲骨・お尻・かかとは壁から離れないようにする
4.これを1日1回、両足10回ずつやる

この練習のポイントは、

・膝が壁と90度のところまで上がっているか
・軸足がブレていないか
・胸を張っていないか

です。

子供1人だと分かりにくいので、
親御さんも一緒に確認しながらやると、
効率がいいですね。

◆肘振り

かけっこを速く走るためには、
正しく肘を振ることが重要です。

1.立った状態から徐々に前に倒れていく
2.どちらかの足が自然に出ます
3.その状態が走る時の基本姿勢
4.その姿勢のまま肘を90度曲げ前後に動かす
5.腕の力は抜き肩から腕全体を動かすよう意識する

小さく速く、
大きくしっかりと腕を振るのがポイント

この練習も親御さんが一緒に見てあげるといいですね。

◆もも上げ

速く走るためには、
地面を力強く蹴らなければいけません。

そのためにも、
ももをしっかりと上げる必要があります。

1.手の平を下にして腰の位置に両手を差し出す
2.左右交互に手の平に膝がぶつかるよう足を上げる

この練習を繰り返すことで、
ももをしっかりと上げるクセがつき、
速く走れるようになります。

◆ゴルフボールを握りながら走る

ゴルフボールを握って走るだけで、
速く走れるようになる裏ワザ

繰り返し練習することで、
ゴルフボールを握らなくても、
速く走れるようになります。

460412e796b5755600cfe66af8de0d3d_m

いずれの練習方法も、
続けることが大事です。

そのためにも、
簡単でいいので、
子供と一緒に目標を決めてあげましょう。

目標があった方が頑張れますからね!

-雑学