行事・イベント 雑学

建国記念の日と建国記念日の違いは?”の”がつく由来は?

184cabac425ab0201d951368e3f57607_s

2月11日は建国記念の日

「建国記念日」ではなく、
「建国記念”の”日」が正しいことを知っていましたか?

アメリカを始め、
世界各国では「建国記念日」となっていますが、
日本だけどうして、
「建国記念”の”日」として”の”がつくのでしょうか?

これには日本ならではの由来があったんです。

今回は、
建国記念の日と建国記念日の違いと、
”の”がつく由来
についてまとめました。

スポンサードリンク

建国記念の日と建国記念日の違いは?

建国記念の日と建国記念日の違いを簡単にまとめると、
次のようになります。

▼建国記念の日
建国した事を祝う日
日付は確定していないがその事を記念する日

▼建国記念日
建国した日を祝う日
歴史的事実として日付が確定している

つまり、
「建国記念日」歴史的事実に基づいて、
その日に建国したことが確定しているのに対して、

「建国記念の日」は、
国として建国していることを記念する日となります。

実際に建国記念の日はどんな日かを調べると、

「建国をしのび国を愛する心を養う日」

とあり、
建国したことを祝うとは一言も書いていません。

ではなぜこんなややこしい事になっているのか?
どうして2月11日なのか?
について、次で解説していきましょう。

スポンサードリンク

建国記念の日がなぜ2月11日なのか?”の”がつく由来は?

建国記念の日が2月11日になったのは、
約2600年前に初代天皇である神武天皇が即位した日が、
2月11日だったからです。

このことを記念して、
明治5年(1873年)〜昭和23年(1948年)までは、
「紀元節(きげんせつ)」として祭事を行っていました。

ですが、戦後GHQによって「紀元節」は廃止になります。

ところが、
昭和27年ごろから
「紀元節を復活させよう!」という運動が活発になり始め、

その運動を機に法改正が進められ、
昭和42年から「建国記念の日」として祝日となりました。

では、なぜ「建国記念の日」と”の”がつくのか?

これは、
神武天皇は日本書紀と古事記に登場する伝説の人物で、
実在した人ではなく神話にのみ登場するとされているから。

そのためハッキリとこの日が建国した日と言えないので、
「建国記念の日」となったわけです。

神武天皇が歴史上に実在した人物とは言えないため、
”の”が付いているんですね。

a8302e7fa4e95ff67db284a2abf9c1ba_s

建国記念の日と建国記念日の違いは?”の”がつく由来は? まとめ

建国記念の日と建国記念日の違いは分かりましたか?

日本は歴史上、
他国に占領され独立した事がありません。

なので「建国記念の日」と、
あいまいな表現になっているんです。

”の”がついているという事は、
今まで日本が平和だった証拠

願わくば、このままずっと平和でいて、
”の”がついた建国記念の日を祝っていたいですね。

-行事・イベント, 雑学