行事・イベント 雑学

新選組の日!2月27日と3月13日と2つあるのはどうして?

128187

新選組は、
小説や映画、マンガやゲームに大河ドラマと、
身近な所で取り上げられることが多く
新選組のファンという人も多いです。

そんな新撰組を記念する日があるのを
あなたは知っていますか?

しかも2月27日と3月13日と2つあります。

今回は、
新選組の日がなぜ2月27日と3月13日と2つあるのか?
また、今さら聞けない新選組の疑問についてまとめました。

スポンサードリンク

新選組の日が2月27日と3月13日と2つあるのはどうして?

「新選組の日」2月27日と3月13日と2つあるのは、
新選組ができた経緯と関係があります。

その経緯を簡単にまとめると、

▼1862年(文久2年)
江戸幕府は時の将軍・徳川家茂(とくがわいえもち)
が上洛する時の警護をする浪士を募集。

▼1863年(文久3年)2月27日
集まった200人あまりの浪士たちを
「浪士組」として組織を作る。

▼1863年(文久3年)3月13日
将軍を警護し京都についた途端、
「壬生組は天皇を警護するべきだ!」
という者が現れ壬生組は空中分解

多くの浪士が江戸に帰るなか、
近藤勇を始めとした24名は将軍警護の目的の元、
京都の壬生に残る。

3月13日の日に壬生に残った浪士を会津藩預かりとし、
京都の警護に当たらせると連絡が入る。

新撰組の前身である「壬生浪士組」が誕生。

同年8月18日に「新撰組」と改名する。

以上が新選組ができるまでの経緯になります。

将軍の警護として、
近藤勇、土方歳三、芹沢鴨らが集まったのが2月27日

その後、
京都の壬生に残り、
京都警護を正式に任されるようになったのが3月13日

新選組の原点と言えるのが2月27日で、
新選組として正式に組織化されたのが3月13日ということになります。

どちらを新選組が誕生した日とするかは、
解釈によって変わりますが、
東京都日野市観光協会
「新選組の日」として制定しているのは3月13日です。

スポンサードリンク

今さら聞けない新撰組の疑問あれこれ

新撰組発足から約4年間
京都で倒幕派・尊王攘夷派の弾圧を行った新選組。

そんな新選組の今さら聞けない疑問をまとめてみました。

◆池田屋事件とは?

新選組が関わった事件で誰もが知っているのが池田屋事件
では、池田屋事件とはどういったものだたのでしょうか?

新撰組結成から1年後の1864年(元治元年)6月5日に、
京都三条木屋町にあった旅館・池田屋に潜伏していた
尊王攘夷派の志士を新撰組が襲撃した事件のこと。

尊王攘夷派は祇園祭の風の強い日に、
天皇が居住する京都御所を焼き討ち
当時の天皇だった孝明天皇を連れ去る計画をしていた。

その計画の実行・中止を協議する会合が、
池田屋で行われる事を知った新撰組が襲撃。

京都御所の焼き討ちを未然に防いだ事により、
一気に新撰組の名が広まるキッカケとなった。

池田屋事件を簡単にまとめると以上になります。

有名な池田屋事件ですが、
新選組がどうして池田屋を襲撃したのかを知っているという人は、
これを機に覚えておきましょうね。

◆新撰組の給料はいくらだった?

会津藩預かりとして京都警護にあたっていた新選組。
その新選組の給料はいくらぐらいだったのでしょうか?

局長50両
副長40両
助勤30両
平隊士10両

以上が新選組の1ヶ月の給料になります。

当時は1両2分あれば一家5人が暮らせたと言われているので、
かなりの高給だったことが分かりますね。

◆沖田総司は本当に美男子だった?

新選組の隊士の中で、
特に人気なのが沖田総司

ドラマやマンガの中では
沖田総司は美男子として描かれていますが、
その容姿については様々な説がありこれと言った証拠は
今のところありません。

若い天才剣士が病気によって早死してしまうという、
ドラマ性をより引き立たせるために、
美男子として描かれたのではないか?
という説が有力です。

沖田総司の性格は明るく、
冗談を言ったりもしていたそうで
子供ともよく遊んでいたと言われています。

剣の腕はめっぽう強く、
竹刀であれば近藤勇よりも強かったとも。

これだけ強ければ美男子として描かれても納得ですね。

008759

新選組の日!2月27日と3月13日と2つあるのはどうして? まとめ

日本の歴史の中で重要なターニングポイントである
明治維新を代表する新選組

誠の旗のもと、
揺るぎない信念を持って命を掛けた新選組の隊士達に、
心を打たれる事は多々あります。

現代で命を掛けてまでというのはそぐわないですが、
揺るぎない信念を持って何かをやり遂げる、
というのは可能ですよね。

新選組の日にはそんな信念を持っているかどうか、
隊士達に思いを馳せながら
心持ちを見直してみてはどうですか?

-行事・イベント, 雑学