行事・イベント 雑学

2月26日は脱出の日!由来にはナポレオンが関係している!?

napoleon-bonaparte-73543_640

2月26日は「脱出の日」だそうです。

これだけだと何のことやらサッパリ分かりませんが、
脱出の日について調べてみると、
どうやらあのナポレオンが関係しているよう。

ナポレオンが脱出の日とどう関係しているのか?
その由来
についてまとめました。

スポンサードリンク

2月26日が脱出の日となった由来は?

2月26日は、
1815年にナポレオンが流刑されていたエルバ島を脱出した日です。

フランスの皇帝であるナポレオンが、
なぜエルバ島に流刑されてしまったのか?

その経緯をナポレオンの生涯と合わせて
簡単にまとめてみました。

ナポレオンはフランスの士官学校を出ており、
若いころから天才として注目されていました。

イタリア遠征で名を挙げ
その後のエジブト遠征でトルコを破ります。

1799年
ブリュメールのクーデターで頭領となり軍事政権を樹立。

やがて皇帝となり
ヨーロッパの大半を支配下に置く大帝国を築きます。

順風満帆に思えたナポレオン政権ですが、
1812年、ロシア遠征で大敗をし、
1814年、退位に追い込まれエルバ島に流されてしまいます。

ナポレオンの代わりにルイ18世が皇帝となりますが、
その政策は国民の支持は得られませんでした。

それを見かねたナポレオンは、
2月26日にエルバ島を脱出

そのままパリへ行き、
脱出から約1ヶ月後の3月20日、
国民からの熱狂的な歓迎を受け再び皇帝となります。

しかしたった100日後のワーテルローの戦いにおいて大敗。

再び皇帝の座を追われナポレオンは、
今度は脱出不可能な大西洋の孤島、
セントヘレナ島へ流され、そこで一生を終えました。

フランスの英雄であるナポレオンの生涯が、
こんなにも波乱に満ちていたとは
調べるまで知りませんでしたね。

スポンサードリンク

「我が辞書に不可能の文字はない」は本当に言ったのか?

ナポレオンと言えば、
「我が辞書に不可能の文字はない」
の名言が1番有名ですよね?

でも本当にこの言葉をナポレオンは言ったのでしょうか?

「我が辞書に不可能の文字はない」は、
ナポレオンが口癖として日常的に言っていたとされていますが、
実際にナポレオンが言ったかどうかは分かっていません。

また、意味合いにも色々な説があり、

「不可能と言う文字は愚か者の辞書にのみ存在する」
「フランス人は不可能という言葉を語ってはならない」
「辞書から不可能という単語を削除しろ」

といった説があります。

そのため、
「我が辞書に不可能の文字はない」は、
ナポレオンの口癖を元にした創作なのではないか?
と言われているようです。

創作だったとしてもナポレオンらしい、
自信に満ち溢れた言葉ですよね。

ba2150532beaa052e1fa9584847bf2c4_s

2月26日は脱出の日!由来にはナポレオンが関係している!? まとめ

2月26日は脱出の日という、
なんとも変わった記念日ですが、
由来にはあのナポレオンが関係していました。

そのナポレオンも、
順風満帆な生涯ではなく、
波乱に満ちた一生を送っています。

ナポレオンの名言として有名な、
「我が辞書に不可能の文字はない」
は創作かもしれないことも分かりました。

ちょっと変わった記念日を調べてみると、
ナポレオンの意外な真実にたどり着いて面白いですね。

あなたも気になる事があれば調べてみると、
何か面白いことが分かるかもしれませんよ?

-行事・イベント, 雑学