行事・イベント 雑学

2月28日はビスケットの日!その由来は?クッキーと何が違う?

7b9733ac434548d6318ef66705a8a150_s

2月28日は「ビスケットの日」!

一見ビスケットとは何の関係もないように見えますが、
実は2月28日とビスケットには深い関係があるんです。

今回は、
2月28日がビスケットの日となった由来と、
ビスケットとクッキーの違い
についてまとめました。

スポンサードリンク

2月28日がビスケットの日となった由来は?

ビスケットの日は、
全国ビスケット協会1980年(昭和55年)に制定しました。

なぜ2月28日なのか?
その由来は2つあります。

1つは、
1855年(安政2年)の2月28日
パンの製法を学ぶために長崎に留学していた
水戸藩の柴田方庵(しばたほうあん)が、

同藩の萩信之助にパン・ビスケットの製法を書いた
「パン・ビスコイト製法書」を送りました。

ビスケットの製法を記した日本初の文書と言われています。

なぜわざわざ、
ビスケットの製法を水戸藩に送ったかというと、
水戸藩はビスケットの保存製の高さに注目し、
その作り方をどうにかして知りたかったからです。

もう1つの由来は、
ビスケットはラテン語
「ビス・コクトゥス(bis coctus)」と言い、
「2度焼かれたもの」という意味があります。

柴田方庵の史実とビスケットの意味から、
「に(2)どや(8)かれたもの」の語呂合わせで、
2月28日がビスケットの日になったというわけです。

ビスケットが、
そんなに古くから日本で作られていたとは驚きですね。

ちなみに、全国ビスケット協会が、
毎年この日に合わせて
海外旅行が当たるキャンペーンをやっています。

簡単なクイズに答えるだけで応募できるので、
ぜひチャレンジしてみて下さい!
⇒全国ビスケット協会のキャンペーンはこちら

スポンサードリンク

ビスケットとクッキーの違いは?

ビスケットとクッキー
見た目がそっくりなこの2つの違い
あなたは分かりますか?

実はこの2つに違いがあるのは日本だけで、
バターや糖分が全体の40%以上のものや
手作り風なものをクッキーとして、
ビスケットと区別しています。

アメリカでは全て「クッキー」
イギリスは全て「ビスケット」と呼んでいるのに、
なぜ日本だけ区別して呼んでいるのか?

その理由は、昭和46年当時、
日本ではクッキーはビスケットよりも
高級品だと勘違いしていたからです。

そのため安物のビスケットをクッキーと言うと、
消費者が混乱する恐れがあるため、区別するようになったんですね。

なんとも信じられないような理由ですが、
公正競争規約にもちゃんと明記されています。

ただこの規約は自主ルールなので、
全国ビスケット協会に加盟していなければ従わなくてもよく、
ビスケットとクッキー、
どちらの表記にしても大丈夫だったりします。

f2d9ee79b23f9767f634d548c1b0d5fe_s

2月28日はビスケットの日!その由来は?クッキーと何が違う? まとめ

ビスケットの日が2月28日になったのには、
日本で初めてビスケットの製法が書かれた文書と、
語呂合わせの2つの由来がありました。

また、見た目が一緒なビスケットとクッキーには、
日本にだけ違いを区別する規約が決められています。

大人になるとなかなか食べる機会のないビスケット。
ビスケットの日には童心にかえって、
あなたの好きなビスケットを食べてみてはどうですか?

-行事・イベント, 雑学