行事・イベント

湯西川温泉かまくら祭!2017年の日程と見どころを紹介!

https://goo.gl/images/UJDyQM

https://goo.gl/images/UJDyQM

湯西川温泉(ゆにしがわおんせん)かまくら祭は、
メイン会場である平家の里のかまくらや、
温泉街を雪だるまや雪のぼんぼりが淡い光で照らすなど、
幻想的な雰囲気を存分に楽しめるイベントとなっています。

特に「日本夜景遺産」にも登録されている、
雪のぼんぼりは必見!
ぜひ大好きな恋人と一緒に観て欲しい景色ですね。

そんな、
湯西川温泉かまくら祭の2017年の日程と見どころを紹介します。

スポンサードリンク

2017年の湯西川温泉かまくら祭の日程は?

2017年の湯西川温泉かまくら祭の日程はこちら。

▼平家の里会場
・住所

栃木県日光市湯西川1042
・開催期間
1月28日〜3月5日
・開催時間
9:00〜21:00
※但し16:00に一時閉門し16:30〜再開門

16:30〜で再開門されると、
かまくらがライトアップされています。

その他の基本情報はこちら。

・入場料
1日利用券:大人510円 小中学生250円
ナイトチケット:200円(16:30〜)

・アクセス
<電車・バス>
野岩鉄道会津鬼怒川線湯西川温泉駅から
日光交通ダイヤルバス湯西川温泉行き約20分。
終点下車徒歩約10分

<車>
日光宇都宮道路今市ICより国道121号・県道249号経由で約70分
※スタッドレスタイヤ装着かチェーンを必ず持参してください!

・公式サイト
http://www.nikko-kankou.org/

開催期間が約1ヶ月と長いので、
予定の合う日を選びやすいですね♪

スポンサードリンク

湯西川温泉かまくら祭の見どころを紹介!

湯西川温泉かまくら祭には、
様々な見どころがあるので紹介します。

◆かまくらバーベキュー

・営業時間
昼の部:11:00〜・12:00〜・13:00〜・14:00〜・15:00〜
夜の部:17:30〜・18:30〜(バーベキューの時間は50分間)

・予約受付時間
10:00〜15:00
・予約受付開始日
2017年1月5日 10:00〜受付開始
・予約番号
平家の里
TEL 0288-98-0126
※予約が殺到するため繋がり難いです。

・利用料金
1人前1,500円(2人前より受付)
バーベキューかまくら使用料1棟1,500円

かまくらの中でバーベキューをするという、
なんとも不思議な体験ができる「かまくらバーベキュー」。

1番人気のイベントとなっているので、
予約を取ろうにもなかなか電話が繋がりません^^;

こればっかりはどうしようもないので、
予約が取れるまでしつこく電話をかけてください(苦笑)

◆沢口河川敷ミニかまくら会場

・開催期間
1月28日〜3月5日
※毎週木曜日以外の毎日開催
・開催時間
17:30〜21:00

日本夜景遺産にも登録されている「ミニかまくら」は、
ボランティアによって作られていてその数は800個以上

河川敷を下流に向かって、
約250mも連なり風に揺れるロウソクの光が、
時の流れを忘れさせてくれます。

https://goo.gl/images/fFVyKL

https://goo.gl/images/fFVyKL

◆沢口アウトドア会場

「スノーシュー体験」
「スノーラフティング体験」
「ちびっ子そり滑り体験」

など、雪国でしか味わえないアトラクションが沢山あります。

出店があるので温かい食べ物も食べれるのがいいですね。

◆湯西川水の郷スノーパーク

・開催時間
10:00〜15:00
・入場料
大人800円
子供500円
※そり遊び代付、水の郷観光センター入浴料を含む。

長い滑り台や大きなかまくらなど、
童心にかえって雪遊びができます。

◆平家の里バレンタイン特別企画

▼かまくらカクテルバー
・開催日時

2月12日
17:30〜21:00(ラストオーダー20:30)
・料金
1杯500円(予定)

バレンタインの特別企画として、
カクテルの街で有名な宇都宮のバーテンダーを迎え、
美味しいカクテルをかまくらで味わえるイベントが開催されます。

2月3日の10:00〜「節分祭」も開催されますよ。

https://goo.gl/images/enHLuq

https://goo.gl/images/enHLuq

湯西川温泉かまくら祭!2017年の日程と見どころを紹介! まとめ

湯西川温泉かまくら祭は、
栃木県の日光なので都心から足を運びやすいです。

都内にいるとなかなか雪と触れ合う機会が無いので、
近場にこういったイベントがあるのはいいですね。

今年は湯西川温泉かまくら祭に足を運んで、
童心にかえって雪遊びをしつつ、
幻想的な世界観を楽しんでみてはどうですか?

-行事・イベント