行事・イベント

旭川冬まつり!2017年の日程と見どころは?防寒対策も忘れずに!

https://lh4.googleusercontent.com/

https://lh4.googleusercontent.com/

旭川冬まつりは、
札幌雪まつりと並んで北海道を代表する冬のお祭り

来場者数も90万人以上と、
寒さが厳しい旭川に多くの人が訪れます。

そんな旭川冬まつりの
日程と見どころ
について紹介します。

スポンサードリンク

2017年の旭川冬まつりの日程は?

旭川冬まつりは1947年(昭和22年)、
アイヌの人達によって行われたイヨマンテ(熊祭り)が起源

その後、1960年(昭和35年)に、
第1回旭川冬まつりが開催されました。

そんな歴史ある旭川冬まつりの今年の日程はこちら。

・開催期間
2017年2月7日〜2月12日
・点灯時間
17〜21時(2017年2月12日は20時まで)

その他の基本情報はこちら。

・開催場所
石狩川旭橋河畔会場
平和通買物公園会場

・アクセス
JR旭川駅より徒歩20分
※無料のシャトルバスも利用できます。

・お問い合わせ
旭川市経済観光部観光課 旭川冬まつり実行委員会
TEL 0166-25-7168
FAX 0166-26-8585
午前8時45分から午後5時15分まで
(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日〜1月4日までを除く)

・公式サイト
http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/awf/

スポンサードリンク

旭川冬まつりの見どころを紹介!

旭川冬まつりは子供はもちろん、
大人も楽しく遊べる催しが沢山あり、
多くのファミリーで賑わいます。

そんな数ある催しの中から、
おすすめの見どころを紹介します。

◆大雪像

過去にギネス記録も取ったことがある旭川冬まつりの大雪像。

去年はゆるキャラである、
「あさっぴー」と「ゆっきりん」が来場者を出迎えました。

今年はどんな大雪像になるのか?
残念ながらまだ今年のデザインは決まっていませんが、
今から出来上がるのが楽しみですね♪

◆花火

2月7日(火)、11日(土・祝)、12日(日)
には花火が打ち上げられます。

ライトアップされた雪像と、
冬の夜空に打ち上げられる花火とのコラボレーションは
一見の価値有りですよ!

http://livedoor.blogimg.jp/

http://livedoor.blogimg.jp/

◆氷彫刻世界大会

平和通買物公園会場では、
日本国内で唯一の公式国際大会である
氷彫刻世界大会が行われ、氷の彫刻の世界一を決めます。

夜にはライトアップもされ、
幻想的な雰囲気を漂わせます。

◆地域雪あかり

旭川冬まつりの期間に合わせて、
市内の小中学校や町内会が各地で雪と氷のオブジェを作り、
キャンドルを灯します。

地域一帯となって、
旭川冬まつりを盛り上げようとする気持ちが伝わってきますね。

◆雪あかり動物園

旭川といえば、
「旭川動物園」ですよね。

今年で開園50周年を迎える旭川動物園では、
旭川冬まつりと同じ期間中、
「雪あかり動物園」を開催しています。

アイスキャンドルが灯され、
昼間とは違った動物の姿を見ることができる、
冬限定のスペシャルイベント

旭川冬まつりと一緒にぜひ楽しんでください♪

・開催期間
2月7日〜2月12日
午前10:30〜20:30
(入園は20:00まで)
※アイスキャンドルの点灯は16時以降

・入園料
大人(高校生以上):820円
小人(中学生以下):無料

・アクセス
旭川駅東口前の6番乗り場
旭川電気軌道のバス(旭山動物園線41・42・47番)に乗車
※30分間隔で運行されています。
所要時間:約40分
料金:大人440円

http://camp-travel-hokkaido.com/

http://camp-travel-hokkaido.com/

旭川冬まつり!2017年の日程と見どころは?防寒対策も忘れずに! まとめ

2月の旭川は、
寒さが最も厳しい時

そんな時に開催される旭川冬まつりを楽しむには、
しっかりとした防寒対策が必要です。

セーターの上にコートやスキーウェアを重ね着したり、
耳まで隠れるニット帽、厚手の手袋や靴下、滑り止めのある靴、
といった準備をおこたらないでくださいね。

せっかく旭川冬まつりに行ったのに、
あまりの寒さに楽しめなかった…

となったら後悔してもしきれません。

防寒対策をしっかりとして、
旭川冬まつりを思う存分楽しんでください!

-行事・イベント