行事・イベント 雑学

節分にいわしを食べるのはどうして?どんな意味がある?

cca4c464005d83aef3164569f6bf5418_s

節分と言えば豆まきや恵方巻きが一般的です。

ところが、地域限定で、
節分の日にいわしを食べる習慣があったりします。

主に西日本限定の習慣ですが、
どうしていわしを食べるのでしょうか?
またいわしを食べることにどんな意味があるのでしょうか?

今回は、
節分にいわしを食べる理由や意味を始め、
節分といわしの習慣
について調べてみました。

スポンサードリンク

節分にいわしを食べる理由は?

節分にいわしを食べるのは、
「魔除け」のため。

節分は旧暦の大晦日にあたるので、
新年を迎える前に邪悪な気を払って清い心で年を越します。

そのために節分にいわしを食べるわけです。

いわしの語源は、

「弱し(よわし)」
「卑し(いやし)」

からきていて、
いわしには独特のニオイがあります。

弱くて卑しくニオイのあるいわしを食べることで、
「陰の気を消してしまう」
という意味が込められています。

スポンサードリンク

節分にいわしを玄関に飾る理由は?

節分にいわしを食べる習慣がある家庭であれば、
玄関にいわしを飾る習慣もあるはず。

焼いたいわしの頭を柊の枝に刺して玄関に飾ります

これは「柊鰯(ひいらぎいわし)」、「節分鰯」、
「焼嗅(やいかがし)」
などと呼ばれて、
何も知らないでこの光景を見るとゾッとしますね。

では、
どうしていわしと柊の枝を玄関に飾るのか?

これは、いわしを食べるのと一緒で「魔除け」のために飾り、
鬼の侵入を防ぐ意味があります。

魔除けには、
ニオイのきついものや尖ったものが昔からよく使われていました。

また鬼は生臭いニオイが大好きで、
いわしの頭のニオイに釣られた鬼が、
柊のトゲで目を突かれ驚いて逃げていきます。

痛い目にあった鬼はその家には近づかないので、
魔除けのために、いわしと柊が飾られるようになりました。

この風習は平安時代にはすでにあったとされています。

飾ったいわしと柊は翌日には取り外し、
神社でお焚き上げしてもらうか、
白い紙に包んで塩で清めてから、
捨てるか土に埋めて処分するようにしましょう。

間違っても普通のゴミと同じようにポイ捨てしないでくださいね。

せっかく鬼から家を守ってくれたんですから、
きちんと清めて処分してください。

053003

節分にいわしを食べるのはどうして?どんな意味がある? まとめ

魔除けのために節分に食べられるいわしですが、
実はいわしは健康にも良い食べ物として知られています。

EPAやDHAが豊富に含まれているので、
血液をサラサラにし心筋梗塞血管が詰まるのを予防してくれます。

昔の人は知らず知らずのうちに、
いわしが健康に良いことを知っていて、
健康な体になって新年を過ごすために食べていたのかもしれませんね。

今年の節分は、
豆まきや恵方巻きだけではなく、
いわしを食べる習慣も取り入れてみてください。

-行事・イベント, 雑学