行事・イベント 雑学

節分の由来を子供向けに超簡単に説明!保育園児でも大丈夫!

4f8f6b83505ce1adcae7d3e23aac6e16_s

「鬼は〜外!福は〜内!」

こうした掛け声と共に鬼に向かって豆を投げ、
年の数だけ豆を食べる。

というのが節分ですよね。

ではなぜ鬼に向かって豆を投げるのか?
そもそも節分とは何なのか?

大人になると疑問にも思わないことも、
子供にとっては不思議でしょうがありません。

子供から節分について聞かれてもちゃんと応えられるよう、
節分や豆まきの由来を、
子供向けに簡単に説明できるようになりましょうね!

スポンサードリンク

節分とは?どんな意味がある?

子供向けに説明する前に、
節分や豆まきの由来について知っておきましょう。

節分とは、
「季節を分ける」という意味があり、
季節の変わり目の事を言います。

日本の四季に合わせて年に4回あり、
立春・立夏・立秋・立冬
の季節の始まりの前日が節分です。

本来であれば節分は、年に4回あるんですね。

ではなぜ現在は1回しか無いのでしょうか?

それは旧暦では立春が1年の始まりとなっていて、
その前日である節分が最も多くの人に親しまれていたから。

大晦日が節分元旦が立春だったんです。

新しい新年を迎える前に、
邪気を払い災いのない1年になるよう、
節分の行事が行われていたので、
現在にもその習慣が残ったというわけなんですね。

スポンサードリンク

節分に豆まきをするのはなぜ?

節分に豆まきをするのはなぜなのか?
それを理由を知るには、
「鬼」と「豆」について知る必要があります。

鬼は、

目に見えない悪い運気やよくないことの「陰(おん)」が変化
隠れて目に見えない恐ろしいことや怖ことの「隠人(おんにん)」が変化

したと言われています。

つまり「鬼」とは、
”人の目には見えない悪いことを象徴する存在”
ということ。

豆は、

豆などの穀物には昔から魔除けの力があると言われていた
豆を「魔目=魔物の目」に投げて魔(ま)を滅(め)する語呂合わせ

からきていると言われています。

豆まきをするのは、
新年を迎えるのに悪いことの象徴である鬼を、
魔除けの力がある豆をぶつけて追い払うことで、
新しい1年を災いのない年にするためなんですね。

悪の象徴である鬼を追い払った豆を食べることで、
豆の力を体の中に取り込み
健康で悪いことにもくじけない体を手に入れていたんです。

これが節分と豆まきの由来です。

b30030c2b620d933a8c99aae53864db8_s

子供向けに節分と豆まきを超簡単に説明!

節分と豆まきの由来を知ったところで、
子供向けに説明しましょう。

節分は昔の大晦日で、
新しい年を迎える前の日になるんだよ。

その日は1年の悪いことを、
新しい年に持ち越さないために、
悪いことをする鬼を豆を使って追い払うんだよ。

そうすることで、
悪いことが起きない1年にしていたんだよ。

鬼を追い払った豆を食べると、
豆の力のおかげで健康にすごせる体になるんだよ。

こんな感じで説明してあげれば、
子供も納得して喜んでくれますよ。

そのせいで鬼役のお父さんに、
思いっきり豆をぶつけてくると思いますが、
そこは我慢してください(苦笑)

5dc19256a657b670103896abddf7cb56_s

節分の由来を子供向けに超簡単に説明!保育園児でも大丈夫! まとめ

これで節分と豆まきについて、
子供に聞かれても大丈夫ですね。

節分と豆まきには、
昔の日本の生活習慣の名残が残っています。

住宅事情の変化から、
こうした日本の伝統行事が出来にくくなっているのは残念ですが、
どんな意味があるのか?
といったことをちゃんと子供に伝えていくようにしましょう。

-行事・イベント, 雑学