行事・イベント 雑学

節分の豆まきの正しい作法は?変わった豆まきの風習も紹介!

115799

節分と言えば豆まき!

「鬼は外!」「福は内!」
と豆を鬼役にぶつけ楽しむのが一般的。

ところでこの豆まきに
正しい作法というのはあるのでしょうか?

節分の豆まきは日本の伝統行事。

伝統行事には作法はつきもの。
というわけで、
節分の豆まきの正しい作法について調べてみました。

また、豆まきの変わった風習もまとめたので、
そちらも紹介します。

スポンサードリンク

節分の豆まきの正しい作法!

節分の豆まきは、
適当にやってしまいがちですが、
きちんとした作法というものが実はあります。

その豆まきの作法はこちら。

1.福豆を用意する
福豆とは炒った大豆のこと。
豆を炒ったら枡に入れ豆まきをする夜まで神棚に供える。

炒った豆を使うのは、
生の豆を使いそこから芽が出ると縁起が悪いと言われているため。

2.夜に豆まきをする
鬼は夜にやってくるので夜に家族全員がそろって豆まきをする。

3.豆をまくのは一家の主人
その家の家長、もしくは年男、年女、厄年の人が豆をまく。

4.奥の部屋から豆をまく
玄関や家の窓を開けたら、奥の部屋から豆をまいていきます。
開けた窓に向かって、「鬼は外!」とまき、
部屋の中に向かって、「福は内!」とまく。

豆をまいた部屋の窓はすぐに締め、最後は玄関で豆まきをする。

5.年の数だけ豆を食べる
1年の厄除けを願いながら数え年の年齢の数だけ豆を食べる
新しい年の厄払いなので現在の年齢よりも1つ多く食べる。

以上が節分の豆まきの作法です。

これは一般的な作法で、
地域によっては豆をまく回数が決まっているなど、
違う部分もありますが、基本的な流れは変わりません。

この作法にそって節分の豆まきをしてくださいね。

スポンサードリンク

ちょっと変わった節分の豆まきの風習

ほとんどの地域では、
「鬼は外!」「福は内!」
と豆をまくのが普通ですが、
中にはちょっと変わった豆まきの風習というものがあります。

それらを調べてまとめたので紹介しますね。

◆大豆ではなく落花生をまく

北海道や東北地方、新潟、長野、宮崎、鹿児島といった地域では、
大豆ではなく落花生をまきます。

落花生をまく理由は、
雪の多い地域では雪の中で豆まきをしても、
落花生であれば後で拾って食べることができます。

宮崎や鹿児島は、
鹿児島が落花生の生産地なので、
豆まきに落花生を使っています。

a94088c87a9e0d0f95e6b7da0eb1cf60_s

◆お菓子やミカンをまく

愛知や静岡では豆をまくのと同時に、
お菓子やミカンも一緒にまきます。

子供に大人気で、
豆まきそっちのけでお菓子を取りに行ったりします。

一部地域ではお金もまく所もあるそうですよ。

◆「鬼は内!」で鬼を歓迎

悪いことの象徴である鬼ですが、
一部地域によっては鬼を歓迎している所もあります。

鬼を祀っている神社や、
鬼にまつわる伝説がある町などは、
鬼を歓迎しているので鬼を払いません。

名字に鬼がつく家では、
鬼を追い払うのは縁起が悪いので、
「鬼は外」ではなく「鬼は内」などを使います。

また、昔から続く商家では、
鬼を大荷物ととらえ、
商売繁盛とつなげて縁起を担いでいる所もあります。

Print

節分の豆まきの正しい作法は?変わった豆まきの風習も紹介! まとめ

節分の豆まきには正しい作法があります。

今まで適当にやってきた人は、
これを機に正しい作法で豆まきをしてくださいね。

一部地域によっては、
ちょっと変わった風習があるので、
あなたが住んでいる土地の
豆まきの風習を知っておきましょう。

今年の節分は、
正しい作法と風習にならって
楽しく豆まきをしてください!

-行事・イベント, 雑学