病気・健康

ノロウイルスの予防と対策!正しい対処法でウイルスを排除!

2016/07/30

055341

冬が近づいてくると、
猛威をふるうのがノロウイルス

今ではインフルエンザと並んで、
注意を促されるほどです。

ノロウイルスは、
インフルエンザと違い、
ワクチンや治療薬といったものが、
現在はありません。

なので、
ノロウイルスにかからないようにすることが、
基本的かつ重要なことです。

今回の記事では、
ノロウイルスの予防と対策について
まとめました。

この記事を読んで、
ノロウイルスを排除しましょう!

スポンサードリンク

ノロウイルスの特徴と症状

ノロウイルスは、
感染胃腸炎の原因となるウイルスで、
ピークは11月〜1月ごろ。

感染力が非常に強く、
ピーク期間以外でも、
ノロウイルスに感染する場合があります。

感染した場合、
ノロウイルスの潜伏期間は、
24時間〜48時間

吐き気、嘔吐、下痢、腹痛といった症状が、
1日〜3日ほど続き、
徐々に回復していきます。

ノロウイルスは感染力は強く、
わずか10個〜100個のウイルスでも
発症してしまいます。

症状が出ていなくても、
ノロウイルスが完全に排出されるまで、
1〜2週間、長いと1ヶ月ほどかかるため、
何も予防をしていないと、
二次感染の危険があります。

ノロウイルスの主な感染経路は、
経口感染と接触感染

カキなどの二枚貝や、
ノロウイルスに汚染された
食べ物による食中毒。

感染者の排泄物や嘔吐物などからの
感染が主な感染ルートになります。

これらの感染ルートからの
感染を予防することが、
ノロウイルスへの最大の対策というわけです。

スポンサードリンク

ノロウイルスの予防と対策!

ノロウイルスの予防は以下の4つ

1.徹底した手洗い
2.食品の加熱
3.トイレ・台所などの消毒
4.汚物・嘔吐物の処理

それぞれの予防方法を詳しく解説します。

1.徹底した手洗い

ノロウイルスに限らない、
基本中の基本ですが、
これをやるだけでも、
ノロウイルスに感染するリスクを減らせます。

外出から帰ってきた時はもちろん、

・トイレの後
・料理をする時
・嘔吐物などの処理後

これらの手洗いは、
必ず2度するようにしましょう。

もちろん石鹸をつけて手洗いします。

爪の間、手のシワの間、指の間、
手首、親指の付け根
など、
手洗いが不十分になる箇所
意識的に洗うようにします。

手洗いが終わった後は、
使い捨てのペーパータオルで拭き、
アルコールで消毒します。

64ef8abf4e3b1a9be0aa1937beedf22d_l

2.食品の加熱

カキなどの二枚貝で
ノロウイルスに感染する原因がこれ。

食品の中心部分の温度が、
85度〜90度の状態で、
90秒以上加熱すれば、
ノロウイルスを死滅させることができます。

貝類だけではなく、
料理を作る時は
1分以上の加熱を心がけましょう。

3.トイレ・台所などの消毒

誰もが利用するだけに、
感染リスクがかなり高くなります。

トイレは、
便座、フタ、レバー、ドアノブ、
ペーパーホルダーといった箇所を、
それぞれ便座クリーナーなどを付けた
ペーパータオルで拭きます。

注意点として、
1度使ったペーパータオルは他の箇所では使わず、
すぐに流します

そうしないと、
拭きとった菌を
外の箇所につけてしまうことになります。

2〜3回掃除すればOKです。

4c63c81537d636e44448d1da9c268044_l

4.汚物・嘔吐物の処理

非常に感染リスクの高い作業になるので、
しっかりと予防する準備を整えないとけません。

処理作業に必要な物、
心構えを以下にまとめてあります。

▼感染防止用具の着用
手袋(2枚重ね)
シューズカバー
使い捨てのエプロン
マスク

▼十分な換気
換気をすることで、
ウイルスの量を減らします。

▼次亜塩素酸ナトリウム1000ppm以上
▼広範囲の洗浄
ウイルスは広く高く舞い上がるため、
処理物より半径2m、
高さ1.6mを目安に洗浄します。

▼処理後の十分な手洗いとうがい

以上が処理作業に必要な物になります。

次に具体的な処理方法を見ていきましょう。

1.汚物が飛び散らないよう、
次亜塩素酸ナトリウムをかける。
ペーパータオルで周りと囲うと効果的。

2.使い捨てのペーパータオルで、
外側から内側に向けて汚物を取り除く。

3.汚物を取り除いた場所に、
ペーパータオルを敷き、
その上から次亜塩素酸ナトリウムをかける。

4.10分ほど経ったら拭き取る。

5.次亜塩素酸ナトリウムに浸した
ペーパータオルで拭く。

6.最後に水拭きをする。

これで汚物の処理は完了です。

ここまで徹底して洗浄しないと、
ノロウイルスは無くなりません。

処理が終わった後は、
手洗い・うがいも忘れずにやりましょう。

処理に使った手袋などは、
二重の袋にいれて、
しっかりと密閉してください。

ノロウイルスの予防と対策!正しい対処法でウイルスを排除! まとめ

以上がノロウイルスの予防と対策になります。

手洗いなど面倒くさいですが、
徹底して予防をすることが、
ノロウイルスへの最大の対策になります。

しっかりと予防方法を実践して、
ノロウイルスを排除しましょう!

-病気・健康