行事・イベント 雑学

バレンタインデーの由来は?日本と海外で習慣が違うのはなぜ?

バレンタインデーの日は、
女性は意中の人にチョコを贈るのに、
男性は女性からチョコを貰えるかも、
と、ドキドキしながら1日を過ごしますよね。

そんな甘酸っぱい恋心がすれ違うバレンタインデーですが、
どうしてチョコを贈るようになったのでしょうか?

そこで今回は、
バレンタインデーの由来と、
日本と海外でのバレンタインデーの習慣の違い
について調べてみました。

スポンサードリンク

バレンタインデーの由来は?チョコを贈るのはなぜ?

バレンタインデーを英語で言うと、
「Saint Valentine’s Day」

「聖バレンタインの日」という意味になります。

聖なるバレンタインという人に祈る日
元々のバレンタインデーだったんです。

ではバレンタインとはどんな人だったのか?

西暦3世紀のローマでのこと。
当時の皇帝クラウディウス二世(在位268〜270)は、
若者たちがなかなか戦争に行きたがらない事にいらだっていました。

若者達が戦争に行かない理由を、
自分の家族や愛する者たちのそばから離れたくないから、
と確信したクラウディウスは、
結婚することを禁止してしまいます。

ですが、
インテラムナ(イタリア中部にある町、現在のテルニ)
のキリスト教司祭であるバレンタインは、
結婚できない兵士たちをみかねて内緒で結婚をさせていました。

当時のローマではキリスト教が迫害されていたにも関わらず、
若者たちのために命の危険を冒してまで結婚させていたバレンタイン。

そんな事をずっと続けれるはずもなく、
ついに皇帝にバレてしまいます。

皇帝はバレンタインに罪を認めさせ、
キリスト教からローマの宗教に改宗させようとしました。

が、バレンタインはこれを拒否。

バレンタインは投獄され
西暦269年2月14日に処刑されてしまいます。
(270年という説もあり)

そのころのローマでは、
「ルペルクス」という豊穣(ほうじょう)の神のために、
「ルペルカーリア」というお祭りが行われていました。

何百年の間行われている
「ルペルカーリア」というお祭りには、
くじ引きで恋人を決めるという行事があります。

毎年2月14日の夕方に、
若い未婚女性たちの名前が書かれた紙を入れ物に入れ、
祭りが始まる翌15日に男性たちがその紙を引きます。

引いた紙に書かれてある女性と、
祭の間、もしくは1年間、付き合いをするというもの。

この行事に異を唱えたのが当時の教皇だった
ゲラシウス一世でした。

ゲラシウス一世は西暦496年、
このままでは若者の風紀が乱れる!
ということで、ルペルカーリアのお祭りを禁止してしまいます。

ゲラシウス一世はルペルカーリアを禁止するかわりに、
くじ引きのルールを変更しました。

そのルールとは、
女性の名前のかわりに聖人の名前を書き、
1年間はその聖人のような生き方をする。
というもの。

新しいルールとなったこの行事の守護聖人に、
この日に殉教したこともありバレンタインが選ばれました。

こうして若者たちは、
クジに書かれた聖人と同じような生き方をしていく中で、
次第に2月14日に、贈り物やカードを恋人たちと交換するようになります。

これがバレンタインデーの由来になります。

それにしても古代ローマ時代のお祭りが
バレンタインデーの起源だったとは驚きですね…

◆なぜバレンタインデーにチョコを贈るの?

チョコレートの願材料であるカカオ豆
とても貴重で神秘的なものでした。

上流階級に飲み物としてカカオが広がり、
飲むと体が温まるので、
健康飲料や恋の媚薬として飲まれていました。

一般庶民には手の届かなかったチョコレートですが、
1800年代になると加工技術が発達し、
現在のような固形チョコレートが作られるようになります。

その結果、一般庶民にも広がり、
バレンタインデーの贈り物として贈られるようになったんです。

スポンサードリンク

日本と海外でバレンタインデーの習慣が違うのはなぜ?

バレンタインデーには
女性が男性にチョコを渡して告白する。

というのが日本のバレンタインデーですよね。

ですがこの風習は日本独特のもので、
海外のバレンタインデーは愛の告白をするのだはなく、
日頃の感謝の気持ちを表す日になっています。

なので、男女問わず相手に贈り物をするのが、
海外のバレンタインデーの習慣になります。

なぜ日本だけこうも違った習慣が広まったのか?
これにはお菓子メーカーが一枚噛んでいるんですね。

日本で初めてバレンタインデーの広告が出たのは、
戦前の1936年のこと。

「モロゾフ」というメーカーのオーナーが、
知人のアメリカ人記者からバレンタインデーの事を聞き、
広告を出したと言われています。

その時にデパートでは、
すでに"恋人に贈り物をする日" として宣伝されていました。

この時のバレンタインデーの広告は空振りに終わり、
たいしたブームにはなりませんでしたが、
戦後になって再びバレンタインデーが宣伝されます。

1958年(昭和33年)に、
「メリーチョコレート」の営業主任が、
ヨーロッパの知人からバレンタインデーの事を聞き、
(また知人から聞きます…)

東京・新宿の伊勢丹デパートで
"バレンタインデーには女性から男性にチョコを贈りましょう!"
というキャンペーンを行います。

戦後だった日本では、
アメリカの女性運動の影響から、
”女性はもっと積極的になろう!”
というムードがあり
恋愛においても女性がイニシアチブを取るようになっていました。

こうした時代背景もあり、
女性から男性にチョコを贈るのがバレンタインデーの風習となります。

その後、2月14日を
「チョコレートの日」
と日本チョコレート・ココア協会が制定し、

大々的なチョコレート商戦が繰り広げられ、
1970年代以降にすっかり定着してしまった、
というわけなんです。

バレンタインデーの由来は?日本と海外で習慣が違うのはなぜ? まとめ

女性が男性にチョコを贈る
というバレンタインデーの習慣が一般的だった日本。

時代とともにバレンタインデーの習慣も変化し、
義理チョコや友チョコ、
男性が女性にチョコを渡す”逆チョコ”も最近では多くなりました。

日頃お世話になっている人に
感謝の気持ちを表すのが本来のバレンタインデーです。

今年のバレンタインデーは、
女性ばかりにその役目を任せるのではなく、
男性も感謝の気持ちを込めてチョコを贈ってみてはどうですか?

きっと相手も嬉しく感じてくれますよ。

-行事・イベント, 雑学