行事・イベント 雑学

雛人形の正しい飾り方!方角にも注意?飾るのに不適切な場所は?

3月3日は雛祭り

雛人形を飾って女の子の成長を祝う日ですが、
この雛人形の飾り方をちゃんと知っていますか?

また、飾ると良い方角があるので、
知っておくとより雛人形を飾るのが楽しくなりますよ♪

今回はそんな雛人形の飾り方についてまとめました。

スポンサードリンク

雛人形を飾り始める日と片付ける日はいつ?飾る時の方角と注意点は?

雛人形を飾り始める日には、
特に決まった日というのはありません。

なので節分が終わった立春の日
雛人形を飾るという人もいます。

ですがあまり早く飾っても、
人形が汚れてしまうので、
ひな祭りの1週間前に飾れば大丈夫です。

雛人形を飾る日として、
「雨水の日」
に飾ると良いとも言われています。

「雨水の日」は24節気の1つで、
雪が雨になり氷が水に変わって、本格的な春を迎える日
とされているので、桃の節句であるひな祭りの準備の日に最適かもしれませんね。

3月3日のひな祭りが終わったら、
翌日にはさっさと雛人形を片付けましょう。

いつまでも飾っておくと婚期が遅れると言いますからね。

大切な娘さんの幸せを逃さないよう、
大事に手早く雛人形を片付けましょう。

◆雛人形を飾る方角は?

雛人形の向きには特に決まりはないですが、
神棚と同じ東や南が良いです。

内裏様は天皇・皇后を表しているので、
天皇が地位を象徴するために南向きに座ることから、
南向きが良いとされています。

◆雛人形を飾る場所と注意点

お雛様を飾る場所は、
和室や床の間があればそこに飾るといいです。

雛人形を飾る時の注意点として、

高温多湿
長時間の直射日光
エアコンの風が直接あたる

こういった場所は避けるようにしてください。

こんな場所に雛人形を飾ると
大事な人形が痛んでしまうので、絶対に止めてください!

スポンサードリンク

雛人形の飾り方!七段・五段・三段別の飾り方を教えます!

雛人形の飾り始めと片付ける日
飾る場所の注意点が分かったら、雛人形を飾りましょう。

七段・五段・三段での飾り方を紹介するので、
この記事を見ながら綺麗に飾ってくださいね。

◆七段飾り

一段目 親王(殿・姫)
    屏風、雪洞、お神酒
二段目 三人官女(中央眉無し)
    加銚子、三方、長柄銚子
三段目 五人囃子
    太鼓、大鼓、小鼓、笛、謡
四段目 右大臣、御膳、菱台、左大臣
五段目 橘、仕丁(怒、泣、笑)、桜
六段目 箪笥、挟箱、長持、鏡台、針箱、衣裳袋、火鉢、茶道具
七段目 籠、重箱、御所車

向かって右からこのように並べていきます。

六段目と七段目は飾り方に特に決まりはないので、
全体のバランスを見ながら飾るようにしましょう。

◆五段飾り

一段目 親王(殿・姫)
    屏風、雪洞、お神酒
二段目 三人官女(中央眉無し)
三段目 籠、重箱、御所車
四段目 五人囃子
    太鼓、大鼓、小鼓、笛、謡
五段目 右大臣、御膳、菱台、左大臣

四段目、五段目には蹴鞠人形や祭列人形を使ったものもあります。
五段飾りは人形のバリエーションが豊富なので購入する時には
どんな人形を飾るのかチェックしておきましょう。

◆三段飾り

一段目 親王(殿・姫)
    屏風、雪洞、お神酒
二段目 三人官女(中央眉無し)
三段目 籠、重箱、御所車

雛道具などが1段目に飾れない場合は飾らなくても良いです。

雛人形の正しい飾り方!方角にも注意?飾るのに不適切な場所は? まとめ

雛人形の正しい飾り方は分かりましたか?

大事な娘さんのためにも、
正しい飾り方をして、しっかりとひな祭りを楽しみましょう!

ひな祭りを楽しんだあとは、
すぐに雛人形を片付けるのを忘れないでくださいね。

最近は住宅事情から、
段飾りをする家庭は少なくなっています。

小スペースで飾れる雛人形も沢山あるので、
ひな祭りの日には必ず雛人形を飾ってあげてください。

きっと娘さんの大切な思い出になりますよ。

-行事・イベント, 雑学