行事・イベント

節分で豆を食べるのはなぜ?数はいくつ?豆の疑問を解決!

節分の主役である「豆」

鬼に投げたり年の数だけ食べたりと、
豆無くして節分は成立しません。

ですが、なぜ豆を食べるのか?
どうして鬼に投げるのか?

について知っている人はほとんどいないでしょう。

そこで今回は、
節分の主役である「豆」についてまとめました。
これで節分の豆に関する色々な疑問が解決しますよ。

スポンサードリンク

節分で豆を食べるのはなぜ?

節分で豆を食べるのはなぜなのでしょうか?

昔は穀物には霊力や生命力が宿ると言われていて、
”魔除けの力”があるとされていました。

節分で使う豆は、
神社やお寺でお祓いをして清めた豆を使っていたので
特に縁起がよく「福豆」と呼ばれていました。

福豆をまいて邪気を払い、
邪気を追い払った福豆を食べることで、
無病息災を願っていたんです。

現在では神社やお寺で豆を清める事はしませんが、
豆まきをする前に神棚にお供えする、
というのが豆まきの作法として残っています。

スポンサードリンク

豆を食べる数はいくつ?満年齢?数え年?

節分では、年の数だけ豆を食べます

豆を食べる数は地方によって変わりますが、
数え年の数だけ食べるのが基本です。

節分は今で言う大晦日でした。
翌日の立春が元旦に当たり、
新しい1年を無事すごせるように豆を食べます。

なので満年齢+1歳になる、
数え年の数の豆を食べるようにしましょう。

子供の場合は豆の数が多くないので食べれますが、
大人になると豆のが数が多いので、
全部食べるとなるとしんどいですすよね?

そんな時は「福茶」を飲むようにしましょう。

福茶とは福豆と梅干しと塩昆布にお湯を注いだだけのもの。

簡単に作れて、
福豆のご利益も体に入れることができますよ。

なぜ節分に鬼に豆をまくのか?

節分の豆まきで使われるのは大豆が多いです。
その理由は収穫量が多く豆が大きいから。

節分で豆をまくのは、
邪気の象徴である鬼を退治するためにまきます。

豆まきに使う豆は必ず炒った豆を使いましょう。

炒った豆は、
「炒る=射る」
の語呂合わせで鬼を払う力があるとされています。

また、豆から芽がでると、
「災いの芽が出る」
とされていて縁起が悪い事から、
炒った豆を使うようになったと言われています。

豆には、

魔の目=豆
「魔を滅する」=「摩滅(まめ)」=豆

といった意味が込められています。

節分で豆をまくようになっった由来は?

豆まきの由来は、
中国の宮中で行われていた厄払いの儀式
「追儺(ついな)」
が由来と言われています。

その追儺が日本に渡ってきて、
初めて行われたのが706年(慶雲3年)文武天皇の時代。

昔は災害や病気は邪気=鬼のせいだとされていて、
その鬼を追い払う追儺の儀式を陰陽師が行っていました。

追儺の儀式の中に「豆打ち」というのがあり、
この豆打ちが江戸時代に庶民に広まっていき、
現在のように節分で豆をまくようになったわけです。

節分で豆を食べるのはなぜ?数はいくつ?豆の疑問を解決! まとめ

子供のころにはよく意味も分からず、
節分の日には楽しんで豆をまいていました。

ですが、節分の豆には、
こんなにも色々な意味があったんですね。

今年の節分には、
こうした意味を思いながら豆をまき、
日本の伝統行事を子供に伝えていきましょう。

-行事・イベント