行事・イベント 雑学

雛人形の飾り方!関西と関東で並べ方が違う理由は?

3月3日のひな祭りの日に備えて、
前もって雛人形を飾って、
準備万端でひな祭りを迎えたいですよね。

日本の伝統的な風習でも、
地域によってはちょっとした違いがあり、
戸惑ってしまうことがよくあります。

ひな祭りに飾る雛人形も、
関西と関東では並べ方が違うのを知っていますか?

そこで今回は、
関西と関東で違う雛人形の飾り方とその理由についてまとめました。

スポンサードリンク

関西と関東で違う雛人形の飾り方

雛人形の飾り方は、
関東では向かって左にお内裏様(お殿様)
向かって右にお雛様と並べて飾る「関東雛」が一般的です。

関西では逆に、
向かって右にお内裏様、
向かって左にお雛様
を並べて飾る「京雛」の飾り方になります。

ちょっとした違いですが、
関西でひな祭りをする時には、
雛人形の飾り方に注意が必要ですよ。

雛人形を飾る前に、
関東との違いを確認しておくと安心ですね。

スポンサードリンク

関西と関東で雛人形の並べ方が違う理由は?

関西と関東ではお内裏様の位置が左右逆になります。

では、
なぜこのような違いが生まれてしまったのでしょうか?

その理由は諸説ありますが、
有力なのは大正天皇説です。

昔の日本では「左上座」で、
位の高い高貴な人が左に座る習慣がありました。

それが明治になり、西洋文化が入りこんだことで、
国際儀礼に従い「右上位」の考えを取り入れるようになります。

大正天皇が即位時に、皇后陛下の右に立たれた事から、
右上位のスタイルは一気に広まることになり、
それが雛人形の飾り方にも影響を与え変わっていきました。

こうしてお内裏様を右に、お雛様を左に飾るようになったんですね。

今だに関西で「京雛」の並び方をしているのは、
”都”としての歴史が東京に比べて京都のほうが長いため、
新しいスタイルを受け入れず、
伝統ある古式の習慣を守っているためかもしれません。

飾り方以外にも、
関東と関西では雛人形の顔にも違いがあります。

ふっくらした可愛らしい顔は関東、
切れ長の目に、シュッとした細長い顔が関西、
といった違いがあるので、
お内裏様とお雛様の顔を見比べてみてください。

雛人形の飾り方!関西と関東で並べ方が違う理由は? まとめ

いかがでしたか。

関西と関東で雛人形の飾り方が違うのには、
古式の伝統文化を守る関西人の意地がありました。

「関東雛」と「京雛」。

どちらが正しいといったことはないですが、
関西地方は「京雛」
関東地方は「関東雛」で飾るのが基本というのは覚えておきましょう。

今年のひな祭りには、
飾り方の違いを教えながら、
雛人形を綺麗に飾ってみてください!

-行事・イベント, 雑学