行事・イベント 雑学

雛人形の意味や由来は?昔のおままごとから来ている!?

3月3日はひな祭り

女の子の健康と成長を願うひな祭りに欠かせないのが、
雛人形ですよね。

最近では住宅事情から、
ひな壇を飾ることは少なくなりましたが、
それでもお内裏様とお雛様の雛人形だけは飾ります。

そんな女の子にとって大事な雛人形

雛人形にはどんな意味があって、
何が由来になっているんでしょうか?

当たり前に飾っている雛人形の、
意味や由来についてまとめました。

スポンサードリンク

雛人形の意味や由来は?おままごとが起源?

今や当たり前のように、
3月3日のひな祭りが近づくと雛人形を飾っています。

この雛人形の意味や由来は、
いつ頃できたのでしょうか?

雛人形の起源は古く、
平安時代の中期(約1000年前)まで遡ります。

平安時代では、
3月始めの「上巳(じょうみ・じょうし)の節句」に、
無病息災の行事を行っていました。

その時に、人を形どった人形=ひとがたの体を撫で、
自分の汚れを人形に移し川に流すことで厄払いをしていました。

この風習は「流し雛」として、
現在も1部地域に残っています。

管理人が子供の頃に流し雛をやった記憶がありますね。
今は環境保護の関係で、流し雛をするのは難しくなってきているのが残念です。

話を戻して、この頃の上流階級の貴族の女の子の間では、
紙の人形であそぶ「ひいな遊び」というものが流行っていました。

今でいうおままごとですね。

この2つが時代が過ぎると共に合わさり、
雛人形が生まれた、というわけです。

雛人形の「雛」には、
「小さい」「愛らしい」といった意味があります。

小さくて愛らしいお人形さんが雛人形なんですね。

紙や土で作られていた雛人形も、
江戸時代に入ると立派な雛人形として作られるようになり、
お内裏様には貴族の正装である「衣冠束帯(いかんそくたい)」を、
お雛様には「十二単(じゅうにひとえ)」を着せ、対で販売されるようになります。

こうして現在まで、
ひな祭りの日に雛人形を飾るという風習が伝わって来ているんですね。

スポンサードリンク

ひな祭りが3月3日になったのはなぜ?

ひな祭りは3月3日ですが、
3月3日になったのにも理由があります。

ひな祭りが3月3日になったのは江戸時代

江戸時代に、男の子の日である5月5日の端午の節句と対になるように、
女の子の日として上巳の節句を3月3日に制定しました。

5月5日のこどもの日が男の子の成長を祝うように、
3月3日のひな祭りも、雛人形に厄災を代わりに引き受けさせ、
女の子の成長や幸せを願う日となってんです。

ところで、ひな祭りが近づくと、
悩むのが雛人形をいつ頃飾りはじめるか?
とうことですよね。

遅くても3月3日の1週間前には雛人形を飾っておきましょう。

直前になってバタバタするのもみっともないですし、
1年に1度しか飾らない雛人形を拝めるのが、
数日しかないというのももったいないです。

余裕を持って準備をして、
1週間ぐらいは雛人形を眺めていたいですね。

飾るのとは逆に、雛人形を片付けるのは、
ひな祭りが終わったら翌日までにすましておきましょう。

婚期が遅れるというのもありますが、
雛人形の役目が終わったら、来年までゆっくりと休ませてあげましょう。

1年後の再会を約束しながら、
傷めないように丁寧に片付けてくださいね。

雛人形の意味や由来は?昔のおままごとから来ている!? まとめ

雛人形の由来には、
昔のおままごとが関係していました。

また、昔ながらの行事が、
形を変えて現在まで残っているというのも感慨深いものがありますね。

今年のひな祭りには、
雛人形の由来を子供に教えながら、
ひな祭りの準備をしてみてはどうですか?

いつもと違った気持ちで、ひな祭りを楽しむことができますよ。

-行事・イベント, 雑学